Windows Azureデプロイ失敗時にSysinternalのDebugViewで調査

Using DebugView to Troubleshoot Windows Azure Deployments - Snip/Shot by Toddy Mladenovを元にてけてけっと書いた投稿です。

Windows Azure のデプロイに失敗する場合に、表面的には何が問題で失敗しているのかがわかりにくく、原因特定に手間取ることがあります。
しかし、幸運にもリモートデスクトップでロールに接続できる状態の場合は、SysinternalのDebugViewを使用して、問題の発生原因を特定できるかもしれません。

手順

  1. Windows Azureのデプロイに失敗しているロールにリモートデスクトップで接続します。
    接続手順は、Windows Azure実行環境へのリモート・デスクトップ接続 - @ITを参照。
  2. リモートデスクトップで接続したら、ロール上で直接technetからダウンロードするか、リモートデスクトップのローカル共有を使用して、ファイルを転送します。
    IEは(Windows Server 2008標準設定で)セキュリティ強化されていますので、信頼済みサイトにtechnetを追加しないとファイルがダウンロードできないかも。
    ダウンロード先は、DebugView for Windowsです。
  3. Dbgview.exeを開始し、Captureメニューからキャプチャーしたいものを選択します。ツールバー上のアイコンで、キャプチャーの開始と停止ができます。
  4. 22

すると上のようなキャプチャーが取れます。
上の画像のケースはスタートアップタスクでこけていることがわかり、原因解決に役立った・・・・そうです(笑

参考情報

Sysinternalで公開されているDebugView for Windows

DebugView は、ローカル システム、または TCP/IP 経由でアクセスできるネットワーク上の任意のコンピュータにおける、デバッグの出力を監視できるアプリケーションです。カーネル モード デバッグの出力と Win32 デバッグの出力の両方を表示できるので、アプリケーションやデバイス ドライバーから生成されたデバッグの出力をデバッガーで取得する必要がなく、標準以外のデバッグの出力 API を使用するようにアプリケーションやドライバーを変更する必要もありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. [...] あとはWindows Azureデプロイ失敗時にSysinternalのDebugViewで調査等を参考にデバッグください。 [...]

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin