Windows AzureでLive Smooth Streaming

Windows Azure で、簡単にデプロイできるスケーラブルなLive Smooth Streamingソリューションを開発してきました。
詳細については、開発ガイドとソースコードを参照してください:Windows Azure Live Smooth Streaming

プロジェクト同梱物

Windows Azure Live Smooth Streamingプロジェクトは、Windows AzureにLive Smooth Streamingを簡単にデプロイできるパッケージです。

  • 配置準備が完了したVisual Studio 2010ソリューション
  • Silverlightで作成されたWebポータル
  • メディアサービス用の自動設定

ソリューションで提供しているWebポータル
cp_azlivestreaming

ソースコードのタウンロードを推奨します。
必要に応じて、ソリューションを自由にカスタマイズして、遊んでみてください。

プロジェクト概要

clip_image002_thumb

アップストリーム・サーバー(upstream.cloudapp.net)

プッシュ・パブリシング・ポイントを担う1つのインスタンスのWebロール。
別名は、インゲスト・サーバーで、取り込みサーバーの意味です。
ライブイベント中に、ビデオをプッシュするための、エンコーダに使用されるパブリッシングポイントのURLです。

重要事項:プッシュポイントを冗長化するには、異なるDNSで1つのWebロールを追加デプロイすることでできます。Azureステージング環境へデプロイしても動作します。

アップストリーム・サーバーは、スモールスケールでのストリーミング・サーバーとして使用することも可能です。この場合、プレーヤーのURLは、http://upstream.cloudapp.net/push.isml/manifest です。

ダウンストリーム・サーバー(downstream.cloudapp.net)

プル・パブリッシング・ポイントを担う複数インスタンスのWebロール。
配信用のURLです。(例えば、http://downstream.cloudapp.net/pull.isml/manifest)

IIS メディアサービス4

IISメディアサービス4は、WebロールのセットアップタスクとWeb管理APIを使用して自動インストールされます

パブリッシング・ポイント

ソリューションには、2つのパブリッシング・ポイントを含んでいます。

  • Push.isml - エンコーダーからビデオストリームを受信します。
  • Pull.isml - アップストリーム・サーバーからビデオストリームをプルします。

それぞれのismlファイルは、管理ポータルもしくはVisual Studio IDE経由で、通常のWindows Azureデプロイ過程で配置されます。

重要事項:プッシュ/プル・ポイントは、Visual Studioまたはテキストエディタでsimply editing isml(XML)ファイルで設定できます。

Silverlight プレーヤー

ソリューションは、iis.net/mediaサイトから、サンプルのSilverlightプレーヤーを使用して作成できます。
http://learn.iis.net/page.aspx/620/getting-started-with-iis-live-smooth-streaming/

 

参考情報・元情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin