Windows Azureで性能アラートと監視通知機能のプレビュー提供開始

Windows Azure Blogの「Alerting and Notifications Support for Windows Azure Applications」を一部抜粋して、ざっくり意訳した投稿です。

コンピュートサービス(クラウドサービス、仮想マシン、Webサイト、モバイルサービス)用の監視メトリックをベースにしたアラートを設定できるようになりました。
アプリケーションでアクティブに、もしくは緊急事態をメール通知できるようになりました。

この機能は、監視メトリックス上でアラートルールを作成できます。重大事態のルールを定義し、アラートを作成します。アラートルールを作成すると、サービス管理者か共同管理者のメールにEメール通知するかどうかを選択することができます。

仮想マシンの監視メトリックスは、ホストOSから収集した性能情報(CPU使用率、ネットワークI/O、ディスクRead bytes/sec、ディスクWrite bytes/sec)や設定した監視WebエンドポイントURLのレスポンス時間やアップタイムを対象とします。

クラウドサービスの監視メトリックスは、ホストOS、ゲストOSから収集した性能カウンターと設定した監視WebエンドポイントURLのレスポンス時間やアップタイムを対象とします。

アラートルールの作成

Windows Azure管理ポータルの左サイドメニューから「設定」を選択し、画面中央の「アラート」タブを選択します。アラートルールを作成するには「Add Rule」ボタンをクリックします。

たとえば、5分間CPU使用率が50%を超えていた場合にアラートとするルールを作成できます。
アラートルールを作成すると最初は「Not Activated」状態になります。
閾値を超過すると「Active」になり、アラート状態が解決すると「Not Active」状態に戻ります。

CPU使用率の値は、過去5分間の平均値で判例されます。値が閾値を境に、問題が発生したり解決したりして状態が変更するたびにアラートされます。

アラート状態は次のように一覧表示されます。

詳細を見たいときは、アラーとルールをクリックするとアラーと詳細ページに遷移します。

最近Activeになったアラートの履歴を参照することができます。

アラート通知

アラートがActiveになったときに、Windows Azure Alerts(alerts-noreply@mail.windowsazure.com)からメールでアラートを管理者から共同管理者のアドレスに通知されることができます。

メール通知はアラートの状態が変化した際(ActiveやNot Activeになったタイミング)に送信されます。

サブスクリプション毎に最大10個のアラートルールを作成できます。

まとめ

今回のアップデートにより、監視メトリックスをベースにしたアラートルールを簡単に作成でき、アプリケーションで注意が必要な状況が発生したり解決した際に通知できるようになりました。
プレビューの間は、サブスクリプションのアラートルールの作成制限数は10となっています。この上限に達した場合、新しいルールを作成するには1つ以上のルールを削除する必要があります。

ちなみに・・・

まだ、自分のサブスクリプションには表示されていない。。

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin