Windows Azure AppFabricキャッシュサービスをリリース!

本投稿は、Windows Azure AppFabric Caching Service Released!を参考に投稿したエントリーです。

MIXで、新しいアクセスコントロールサービスのリリースと、キャッシュサービスのリリースが近いことが発表されていました。

今日、キャッシュサービスが製品版としてリリースされたことが発表されました

キャッシュサービスは、分散型・インメモリ型のキャッシュサービスです。
Windows AzureとSQL Azureアプリケーションのパフォーマンス強化に役立ちます。ストレージやデータベースから必要に応じてデータを取り込み、インメモリに保存し維持し続けることで、パフォーマンス強化をサポートします。

課金モデルは、キャッシュサイズに応じて課金するモデルで、128MBから4GBの6種類のキャッシュサイズから選択できます。
サービス体験とプロモーションを兼ねて2011年8月1日までは、サービスを使用しても課金をしません。

キャッシュサイズ金額
128 MB$45.00/month
256 MB$55.00/month
512 MB$75.00/month
1 GB$110.00month
2 GB$180.00/month
4 GB$325.00/month

課金詳細とキャッシュサービスのメリットについては、Windows Azure AppFabric FAQを参照してください。

ワンポイント

キャッシュサイズで課金するサービスで、キャッシュの転送サイズで課金されるものでは無いようです。転送サイズとキャッシュサイズを分けて考えないと割高なイメージになってしまうかなっと思います。後は、個人用途ではなくサービス提供用途と考えると、そこまで高くはないかと。

参考リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. .NET Clips より:

    蒼の王座 » Windows Azure AppFabricキャッシュサービスをリリース!

    素敵なエントリーの登録ありがとうございます - .NET Clipsからのトラックバック

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin