Windows Azure Companion for PHPでのWindows Azure Storage使用方法

Windows Azure Storage usage in Windows Azure Companion PHPを簡単に紹介した投稿です。

Windows Azure Companion for PHPを使用するには、configure.cscfgにAzure Storageアカウントの情報を設定する必要があります。

<Setting name="WindowsAzureStorageAccountName" value=" happybuddha" />

<Setting name="WindowsAzureStorageAccountKey" value=" dyjrnWG0/ibgI4k9/j6DSZqyhCK5QlZDVYgwqyFqrH8IXW8od9XY1s1TyiDB+1nPCLrT2LOrx34TyhmsI7YyVg==" />

Windows Azure Companion for PHPでPHPソリューションを設定した後、Windows Azure Storageを見てみます。”phpapps”という名前のコンテナーが作成されているのを確認することができます。

 

phpappsを開いてみます。

 

 

VHDファイルがあるのを確認できます。PHPソリューションがVHDの中に作成されています。

このVHDファイルをローカルにダウンロードし、マウントし中身を確認してみます。

root直下に、PHP Runtimeがインストールされていることがわかります。applicationsフォルダーにすべてのアプリケーションとユーティリティがインストールされていることを確認できます。

VHDの中を更新し、それをAzure Storageにアップデートしなおすことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin