ドライバー検証ツールのコマンドラインオプション

投稿者: | 5月 7, 2016

管理者モードでコマンドプロンプトを起動します。

  • verifier /reset
    既存の設定をすべてクリアします。次のブート後、ドライバー検証ツールはドライバーをチェックしません。
  • verifier /query
    現在の有効なドライバー検証ツールの設定が表示されます。
  • verifier /querysettings
    システムが再起動後、チェックするドライバーや設定を表示します。
  • verifier /volatile
    システムの再起動なしで、設定を変更できます。コマンドは、/adddriver、/removedriverでチェックするドライバーを指定します。
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.
構文:
    verifier {/? | /help}
    verifier /standard /all
    verifier /standard /driver <名前> [<名前> ...]
    verifier /flags <オプション> [<オプション> ...] /all
    verifier /flags <オプション> [<オプション> ...] /driver <名前> [<名前> ...]
    verifier /rules {query | reset | default  | disable }
    verifier /query
    verifier /querysettings
    verifier /bootmode {persistent | resetonbootfail | oneboot}
    verifier /reset
    verifier /faults [probability [pool_tags [applications [delay_minutes]]]]
    verifier /faultssystematic [<オプション> ...]
    verifier /log <ファイル名> [/interval <秒>]
    verifier /volatile /flags <オプション> [<オプション> ...]
    verifier /volatile /adddriver <名前> [<名前> ...]
    verifier /volatile /removedriver <名前> [<名前> ...]
    verifier /volatile /faults [probability [pool_tags [applications
                [delay_minutes]]]]
    verifier /domain {wdm | ndis | ks | audio} [rules.all | rules.default ]
                /driver ... [/logging | /livedump | /onecheck]
    verifier /logging
    verifier /livedump
    verifier /onecheck
パラメーター:
    /? または /help
        このヘルプ メッセージを表示します。
    /standard
        ドライバーの検証ツールの標準のフラグを指定します。これは
        '/flags 0x209BB' に相当します。
    /all
        インストールされているすべてのドライバーを次回の再起動後に検証
        することを指定します。
    /driver <名前> [<名前> ...]
        検証する 1 つ以上のドライバー (イメージ名) を指定します。
        ワイルドカード値 (n*.sys など) はサポートされません。
    /driver.exclude <名前> [<名前> ...]
        検証から除外する 1 つ以上のドライバー (イメージ名) を
        指定します。このパラメーターは、すべてのドライバーを
        検証対象として選択した場合にのみ使用できます。
        ワイルドカード値 (n*.sys など) はサポートされません。
    /flags <オプション> [<オプション> ...]
        検証で有効にする 1 つ以上のオプションを指定します。
        ドライバーの検証ツールで検査されるすべてのドライバーにフラグが
        適用されます。オプション値は、10 進数、16 進数
        ("0x" のプレフィックス)、8 進数
        ("0o" のプレフィックス)、またはバイナリ
        ("0b" のプレフィックス) の形式で指定する
        必要があります。
        標準のフラグ:
          ドライバーの検証ツールの標準のオプションは、'/standard'
        または '/flags 0x209BB' を使用して指定できます。
          0x00000001 (ビット  0) - 特別なプール
          0x00000002 (ビット  1) - 強制 IRQL 検査
          0x00000008 (ビット  3) - プールのトラック
          0x00000010 (ビット  4) - I/O の検証
          0x00000020 (ビット  5) - デッドロックの検出
          0x00000080 (ビット  7) - DMA 検査
          0x00000100 (ビット  8) - セキュリティの検査
          0x00000800 (ビット 11) - その他の検査
          0x00020000 (ビット 17) - DDI 準拠の検査
        その他のフラグ:
          これらのフラグは、特定の状況でのテスト用に設計されています。
          (*) でマークされたフラグでは、必要な I/O の検証 (ビット 4)
          が自動的に有効になります。(**) でマークされたフラグは
          個々の規則の無効化をサポートします。
          0x00000004 (ビット  2) - ランダム化された低リソース シミュレーション
          0x00000200 (ビット  9) - 保留中の I/O 要求を強制する (*)
          0x00000400 (ビット 10) - IRP ログ (*)
          0x00002000 (ビット 13) - 不変な MDL のスタック用検査 (*)
          0x00004000 (ビット 14) - 不変な MDL のドライバー用検査 (*)
          0x00008000 (ビット 15) - Power framework 遅延ファジー テスト
          0x00010000 (ビット 16) - ポート/ミニポート インターフェイスの検査
          0x00040000 (ビット 18) - 体系的な低リソース シミュレーション
          0x00080000 (ビット 19) - DDI 準拠の検査 (オプション)
          0x00200000 (ビット 21) - NDIS/WIFI の検証 (**)
          0x00800000 (ビット 23) - カーネル同期の遅延ファジー テスト
          0x01000000 (ビット 24) - VM スイッチの検証
          0x02000000 (ビット 25) - コードの整合性検査
    /log.code_integrity
        このオプションは、コードの整合性違反による中断を抑制し、
        検証されたドライバーの統計情報だけを収集します。
        統計情報は、/log オプションまたはカーネル デバッガーを
        使用して抽出できます。このパラメーターは、
        コードの整合性検査を有効にした場合にのみ適用できます。
    /rules {query | reset | default  | disable }
        規則レベルの制御を指定します (詳細設定)。
          query           制御可能な規則の現在の状態を表示します。
          reset           すべての規則を既定の状態にリセットします。
          default     規則 ID を既定の状態に設定します。
          disable     指定した規則 ID を無効にします。
    /query
        ドライバーの検証ツールのランタイムの統計情報と
        設定を表示します。
    /querysettings
        現在有効なオプションおよびドライバーの要約、または次回の
        再起動後に検証されるオプションおよびドライバーの要約を
        表示します。表示には、/volatileを使用して追加した
        ドライバーおよびオプションは含まれません。
    /bootmode
        ドライバーの検証ツールのブート モードを指定します。
        このオプションによる設定を有効にするには、
        システムの再起動が必要です。
          persistent        ドライバーの検証ツールの設定が再起動後も
                            維持されます。これは既定値です。
          resetonbootfail   次回以降の再起動時に、システムを
                            開始できない場合はドライバーの検証ツール
                            を無効にします。
          oneboot           次回の起動時にのみドライバーの検証ツールを
                            有効にします。
    /reset
        ドライバーの検証ツールのフラグとドライバーの設定をクリアします。
        このオプションによる設定を有効にするには、システムの再起動が必要です。
    /faults [probability [pool_tags [applications [delay_minutes]]]]
        ランダム化された低リソース シミュレーション機能を有効にし、必要に応じて
        ランダム化された低リソース シミュレーションのパラメーターを制御します。
          Probability     ある割り当てをドライバーの検証ツールがエラー
                          にする確率を指定します。この値は、ドライバーの
                          検証ツールが割り当てをエラーにする可能性を、
                          10,000 回あたりの回数として表します。
                          既定値は 600 で、600/10000 または6 を意味します。
          Pool Tags:      フォールトを挿入するプール タグを、スペースで
                          区切った一覧として指定します。
                          既定では、どのプール割り当てにもフォールトが
                          挿入される可能性があります。
          Applications    フォールトを挿入するイメージ ファイル名 (実行可能
                          ファイル) を、スペースで区切った一覧として指定
                          します。既定では、どのプール割り当てにもフォールト
                          が挿入される可能性があります。
          DelayMinutes    ドライバーの検証ツールが割り当てを意図的にエラーに
                          しない、起動後の時間 (分) を指定します。この遅延を
                          使用すると、ドライバーが読み込まれてシステムが
                          安定化してから、テストを開始することができます。
                          既定値は8 分です。
    /faultssystematic [<オプション> ...]
        体系的な低リソース シミュレーションのパラメーターを
        制御します。
          enableboottime             再起動をまたぐフォールト挿入を有効に
                                     します。
          disableboottime            再起動をまたぐフォールト挿入を無効に
                                     します。これは既定値です。
          recordboottime             再起動をまたぐ 'what if' モードでの
                                     フォールト挿入を有効にします。
          resetboottime              再起動をまたぐフォールト挿入を
                                     無効にし、スタック除外リストを
                                     クリアします。
          enableruntime              フォールト挿入を動的に有効にします。
          disableruntime             フォールト挿入を動的に無効にします。
          recordruntime              'what if' モードでのフォールト挿入を
                                     動的に有効にします。
          resetruntime               フォールト挿入を動的に無効にし、以前に
                                     エラーが発生したスタック リストをクリア
                                     します。
          querystatistics            現在のフォールト挿入の統計情報を表示
                                     します。
          incrementcounter           フォールトが挿入されたタイミングを
                                     示すために使用されるテスト パス
                                     カウンターを増加させます。
          getstackid <カウンター>    挿入された指定のスタック ID を取得します。
          excludestack <スタック ID> フォールト挿入からスタックを除外します。
    /log <ファイル名> [/interval <秒>]
        指定した名前のログ ファイルを作成し、実行時の統計情報を
        このファイルに定期的に書き込みます。
        ログ ファイルの更新間隔は '/interval'パラメーターで
        制御します。既定値は 30 秒です。ログを終了して戻るには、
        Ctrl + C キーを使用します。
    /volatile
        コンピューターを再起動せずにドライバーの検証ツールの設定を
        変更します。揮発性の設定は直ちに有効になり、
        次回のシステム再起動まで有効です。
    /volatile /adddriver <名前> [<名前> ...]
        指定した 1 つ以上のドライバーの検証を開始します。
    /volatile /removedriver <名前> [<名前> ...]
        指定した 1 つ以上のドライバーの検証を停止します。
    /domain {wdm | ndis | ks | audio} [rules.all | rules.default] /driver ...
        [/logging | /livedump | /onecheck]
        検証ツールの拡張設定を制御します。次の種類の検証ツール拡張が
        サポートされています。
          wdm               WDM ドライバー用の検証ツール拡張を有効
                            にします。
          ndis              ネットワーク ドライバー用の検証ツール拡張を
                            有効にします。
          ks                カーネル モードのストリーム ドライバー用の
                            検証ツール拡張を有効にします。
          audio             オーディオ ドライバー用の検証ツール拡張を
                            有効にします。
        次の拡張オプションがサポートされています。
          rules.default     選択した検証ツール拡張の既定の検証規則を
                            有効にします。
          rules.all         選択した検証ツール拡張のすべての検証規則
                            を有効にします。
        /logging
          選択した検証ツール拡張によって検出された規則違反のログを
          有効にします。
        /livedump
          選択した検証ツール拡張によって検出された規則違反の
          ライブ メモリダンプ収集を有効にします。
        /onecheck
          選択した検証ツール拡張によって検出された最初のインスタンスに
          ついてのみ、規則違反の報告を有効にします。
カテゴリー: dump

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください