ドライバー検証ツール 有効/無効の切替方法

投稿者: | 5月 7, 2016

ドライバー検証ツールをバックグラウンドで動作させ、ドライバーをテストしバグがあるかどうかを検証します。

ドライバー検証ツールを有効にする方法

  1. スタートボタンを押し、verifier.exeを入力し、verifierを開きます。
    image
  2. 「カスタム設定を作成する(コード開発者用)」を選択し、次へをクリックします。
    image
  3. ブックの種類が標準のものをすべて選択し、追加で「保留中のI/O要求を強制する」、「IRPログ」を選択し、次へをクリックします。
    image
  4. 「一覧からドライバーを選択する」を選択し、次げをクリックします。
    image
  5. プロバイダーをクリックし、並べ替えます。Microsoft Corporationが提供するドライバー以外をすべて選択します。
    image
  6. 完了ボタンをクリックし、結果ウィンドウでOKボタンをクリックします。
    image

再起動後、ドライバー検証ツールが有効になります。通常通りコンピューターを使用し、ドライバーに問題があったらBSODを予兆します。24時間システムがクラッシュしなければ、ドライベー検証ツールは無効になります。

ドライバー検証ツールを無効にする方法

  1. スタートボタンを押し、verifier.exeを入力し、verifierを開きます。
    image
  2. 「既存の設定を削除する」を選択します。
    image

ドライバー検証ツールを無効化できない場合は、セーフモードを使用してみてください。

カテゴリー: dump

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください