SQL Server on Linux for Docker でのエラー対策

SQL Server on Linux for Docker を使っていて次のようなエラーに遭遇しました。

Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : Login timeout expired.
Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : TCP Provider: Error code 0x2749.
Sqlcmd: Error: Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Server : A network-related or instance-specific error has occurred while establishing a connection to SQL Server. Server is not found or not accessible. Check if instance name is correct and if SQL Server is configured to allow remote connections. For more information see SQL Server Books Online..

悲しい…。
SQL Serverを起動して、初期DBやテーブルを作成したいと思って、次のようなDockerfileを書きました。

FROM mcr.microsoft.com/mssql/server:2017-latest
RUN sqlcmd -Q ‘CREATE Database test’ -E
EXPOSE 1433

これ原因がわからなくて、ムッシュに教えてもらいました。
単純な話で、「RUN」でコマンドを実行するタイミングでは、まだSQL Serverが起動してないのです。
起動してないのに、コマンド実行しようとしても動作しませんよね。

IgniteのBRK0417「Inside SQL Server Containers」でも言及されていましたね。
なので対応方法もセッションで紹介されている方法でOKです。

JIRAのissue一覧をExcelやCSV形式でダウンロードする方法

JIRAでissue一覧をダウンロードしようとして結構悩んでたどり着いたのでメモしておく。

1.JIRAにアクセスして、プロジェクトかボードを選択して、サイドメニューから「課題とフィルター」を選択します。

2.右上にある「高度な検索」リンクをクリックします。

3.右上にあるアイコンをクリックすると無事にダウンロードするためのメニューが表示されます。(わっかりにくー!

Datadog エージェント

Datadogエージェントは軽量のソフトウェアです。
イベントをメトリックを取集し、Datadogにデータを送信します。

Agent 6.2.1 では、次のリソースを使用します。

  • CPU:平均~0.12%
  • メモリ:~5M
  • ネットワーク帯域:下り~86B/s 上り260B/s

これらの計測は、AWS EC2 c5.clarge(4VCPU/8GB RAM)でされています。

ポート

  • Fowarderの通常の動作でTCP/17123
  • dogstatsdがudp/8125

Collector

  • 15秒に一回すべての標準的なメトリックスを収集します。

Forwarder

  • HTTPでトラフィックを受け取りバッファし、HTTPSでDatadog HQに転送します。

Datadogのトラブルシューティング

ログの出力場所

Mac OSX

/var/log/supervisor/datadog-supervisord.log (since 3.8.0) /var/log/datadog/collector.log
/var/log/datadog/dogstatsd.log
/var/log/datadog/forwarder.log

Debian/Ubuntu

/var/log/datadog/supervisord.log (since 3.8.0)
/var/log/datadog/collector.log
/var/log/datadog/dogstatsd.log
/var/log/datadog/forwarder.log

RHEL/CentOS/Fedra/Amazon Linux

/var/log/supervisor/datadog-supervisord.log (since 3.8.0)
/var/log/datadog/collector.log
/var/log/datadog/dogstatsd.log
/var/log/datadog/forwarder.log

Windows

Windows Server 2003, XP or older:

c:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\logs\collector.log

c:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\logs\ddagent.log

c:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\logs\dogstatsd.log

c:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\logs\forwarder.log

Windows Server 2008, Vista and newer:

C:\ProgramData\Datadog\logs\collector.log

C:\ProgramData\Datadog\logs\ddagent.log

C:\ProgramData\Datadog\logs\dogstatsd.log

C:\ProgramData\Datadog\logs\forwarder.log

設定ファイルの配置場所

プラットフォームAgent 5Agent 6
Mac OS X~/.datadog-agent/datadog.conf~/.datadog-agent/datadog.yaml
Linux/etc/dd-agent/datadog.conf/etc/datadog-agent/datadog.yaml
SmartOS/opt/local/datadog/agent/datadog.conf
Source/etc/dd-agent/datadog.conf/etc/datadog-agent/datadog.yaml
Windwso 2003 XP以前C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\datadog.conf C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Datadog\datadog.yaml
Windows 2008 Vista以降C:\ProgramData\Datadog\datadog.conf C:\ProgramData\Datadog\datadog.yaml

Datadogエージェントの設定オプション

バージョン6以降のDatadogエージェントでサポートしている設定オプションについての説明です。
ここに説明がなくて、サポートされているオプションの場合は、サンプルファイルを参照してください。

オーケストレーションとエージェントの管理

オーケストレーションは、できるだけOSの機能に引き継がれています。
この目的のために、Linux環境での「upstart/systemd」とWindowsでのWindowsサービスに依存しています。
エージェントに組み込まれているAPMとProcessを有効にするには、メインの構成ファイル「datadog.yml」で設定を有効にします。

Process Agent

process Agentを有効にするには、「datadog.yml」で次のように設定します。

“`
process_config:

enabled: true
“`

Trace Agent

trace Agentを有効にするには、「datadog.yml」で次のように設定します。

“`
amp_config:

enabled: true
“`

OSレベルのサービスは、すべてのエージェントで既定で有効になっています。

バージョン6からの新しいオプション

旧名新しい名前補足
proxy_hostproxyプロキシ設定は、http://user:password@proxyurl:port形式のURLで表現します。
collect_instance_metadataenable_metadata_collection新しいメタデータ収集メカニズムを有効にできます。
collector_log_filelog_file
syslog_hostsyslog_urisyslog設定は、URI形式で設定します
syslog_pemsyslog設定、TLSクライアント証明書
syslog_keysyslog設定、TLSクライアントプライベートキー