ドライバーを確認する共有コマンド

投稿者: | 5月 7, 2016

lm

クラッシュしたときのドライバーモジュール一覧をロードするために使用します。
それぞれのモジュールには、モジュール名とタイムスタンプは含まれていません。
既知の問題のあるドライバーがないか確認するのに便利です。

image

lmtsm

lmコマンドにとても似ていて、クラッシュしたときにロードされていたドライバーの詳細情報を表示します。モジュール名とタイムスタンプが含まれます。
このコマンドは、既知の問題のあるドライバーがあるか、古いドライバーがあるかを確認するのに便利です。

image

lmvm

特定モジュールのタイムスタンプ、アドレス、チェックサム、モジュール名、格納されているディレクトリなどの詳細情報を見るのに使用します。モジュール名を指定する際には、拡張子を除くのを忘れないようにしてください。

image

カテゴリー: dump

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください