Windows Azure VM Role:エラー「The VHDs logical size of 130048MB exceeds the system maximum of 66560MB」

相変わらず、VM Roleが使用できない綾貴でございます。(前回投稿から10分なので当たり前ですが。)

VM Role関連では、下のような投稿をしていますので、良ければ参考にしてください。

今回は、Hyper-Vに疎い人や、何も考えていない綾貴みたいな性格の人がはまりそうなエラー処理についてのご紹介。

エラー内容

VM Role用のVNDを作成して、 CSUPLOADスクリプトを使用してアップロードすると、下のようなエラーが発生することがあります。

エラーは、「The VHDs logical size of 130048MB exceeds the system maximum of 66560MB」っと表示されます。

VHDの論理サイズ130048MB(127GB)は、システム上限サイズの66560MB(65GB)を越えているので、使用できません!って意味です。

原因

このエラーが発生する原因は、恐らくあなたがVM Roleではサポートしていない127GBのVMサイズを使用しようとしたからです。

ハイパーバイザー(要は、Hyper-Vマネージャですね)で、VHDを新規作成するときに規定値で作成してしまうと、127GBの仮想HDDが作成されちゃうんです。

20101226154552

マイクロソフト製品とは言え、何でもかんでも初期値にすれば良いわけじゃないってことですね。ここのサイズを適切な大きさに変更してあげましょう。

選択するVM Roleサイズに合わせてあげる必要があるので、30~65GBのどれかになるはずです。

解決方法

作成するVHDのサイズを65GB以下に変更してあげることで、このエラーはでなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin