Windows Azure PowerShellの更新履歴

Windows Azure Powershellとは

GitHubリポジトリ:https://github.com/WindowsAzure/azure-sdk-tools

開発者と管理者がWindows Azureアプリケーションを管理したり、デプロイしたり、開発するためのPowerShellコマンドレットです。

SQL Azure関連の機能

  • データベースサーバー、データベース、FirewallルールのCRUDに対応
  • データベースサーバーの容量情報の取得
  • データベースサーバーのサービスs指定のGet/Setに対応

更新履歴:参照元

2013.07.18 Version 0.6.17

  • 参照するWindows Azure SDKのバージョンを1.8から2.0へ更新しました。
  • サブスクリプションの所有者の場合、SQL Azure DatabaseのCRUDコマンドレットは、SQL認証不要になりました
  • Get-AzureSqlDatabaseServerQuota は、指定したWindows Azure SQL Databaseサーバーの容量情報を取得するためのコマンドレットです。
  • SQL Azureサービスの対象をサポートしました。
    ・Get-AzureSqlDatabaseServiceObjective は、Windows Azure SQL Databaseサーバーを指定するためのコマンドレットです。
    ・Set-AzureSqlDatabase にWindows Azure SQL Databaseを指定するための -ServiceObjective パラメーターを追加しました。
  • Get-AzureWebsite のローカルキャッシュ問題を修正しました。新しい Get-AzureWebsite は常に最新のWebサイトの情報を返します。

2013.06.24 Version 0.6.16

  • Add-AzureEnvironment は、Windows Azure Packのようにカスタマイズ環境を追加するコマンドレットです。
  • Set-AzureEnvironment は、Windows Azure Packのようにカスタマイズ環境をセットするコマンドレットです。
  • Remove-AzureEnvironment は、Windows Azure Packのようにカスタマイズ環境を削除するコマンドレットです。
  • Webサイトコマンドレットは、Windows Azure Packをサポートしました。
  • Service Busコマンドレットは、Windows Azure Packをサポートしました。
  • Windows Azure Packをサポートした全てのコマンドレットに、WAPackプレフィックスを追加しました。「help WAPack」を使用すると、サポートする全てのコマンドレットを確認できます。
  • New-AzureQuickVM と Add-AzureProvisioningConfig に -NoWinRMEndpoint パラメーターを追加しました。
  • New-AzureSqlDatabaseServerFirewallRule に -AllowAllAzureSerivces パラメーターを追加しました。
  • 仮想マシン、クラウドサービス、Webサイトの診断周りの多くのバグを修正しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin