Windows Azure SQL Databases のQ & A

Windows Azure SQL Database プレミアオファーの予告」で案内されていた、Windows Azure SQL Databases のPremiumエディションの限定Previewの提供が開始されました。

業務上、すぐに試したいので情報をせかせか集めてみました。

お値段は?

Preview中は、正式サービスインするまでは半額の課金。
現在は、P1とP2の2種類のPremiumエディションが提供されていて、Premium固定課金とデータベースの容量が課金される。

参考:Windows Azure SQL Databases Premiumのお値段詳細

P1は、WebとBusinessエディションより性能がよく、
P2は、P1の倍のリソースが割り当てられている。

Premium DBサイズプレビュー版価格GA版価格
P1(1Core、8GB RAM)$15/Day(~$465/Month)$30/day(~930/month)
P2 (2Cores,16GB RAM)$30/day(~$930/month)$60/day(~1860/month)

ストレージ:$0.095/GB/Month

課金方法は?

リソース予約課金:月間の合計リソース予約時間(H)

DBサイズ課金:ストレージの使用量の課金

Windows Azure SQL Databases Premiumの課金=リソース予約課金+DBサイズ課金

使用するには?

Windows Azure Preview Featuresから、Azure SQL Databases Premiumをサインアップする。

Premium Databaseを使用したいサーバで、Premiumデータベースを申請します。
Windows Azure 管理ポータルを使用してサーバーダッシュボードか、サーバークイックスタートページから申請します。

PremiumデータベースはPreviewの間、制限提供され、無料トライアルは提供されません。
Premiumデータベースを使用したいサーバーのみでPremiumリクエストを実施してください。

Premiumの申請状況は、サーバータブかサーバーダッシュボードで確認できます。
サーバーでPremiumが使用できるようになると、既存データベースをPremiumにアップグレードすることができます。アップグレードはデータベースのスケールタブからできます。

Premiumに切り替えるのにかかる時間は?

データベースサイズに依存して、数分から数時間かかります。
データベースを作成し、すぐにアップグレード処理をすると、データを格納した後よりも早くアップグレードできます。

Premiumの課金開始と停止はいつ?

Premiumデータベースのリソース予約課金は、日次で課金されます。
Premiumにアップグレードするか、予約サイズの変更が完了したら課金が開始されます。

たとえば、22時にWeb(Business)エディションからPremiumエディションにアップグレードし、翌日1時にアップグレードが完了した場合、アップグレードが完了した日から課金されます。

PremiumからWeb(Business)エディションに11時にダウングレードし、17字に完了した場合、その日は、Premiumエディションで課金され、翌日からWeb(Business)エディションで課金されます。

PremiumとWeb(Business)エディションの行き来と、サイズ変更の頻度は?

前回のアップグレード、ダウングレード、予約サイズ変更を実施してから24時間以内は、アップグレード、ダウングレード、サイズ変更は実施できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. [...] Windows Azure SQL Databases のQ & A [...]

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin