ASP.NET で アンチウィルスの除外リストにいれる場所

投稿者: | 12月 26, 2015

ASP.NETアプリケーションで、アンチウィルスのスキャン対象から除外する必要があるフォルダーについてまとめます。

  • Webサイトコンテンツの物理フォルダー
    デフォルトでは、「c:\inetpub\wwwroot」だけど、たいていの場合別のディレクトリを個別指定していることが多いので、確認が必要
  • .NET Framework のconfigディレクトリ
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\CONFIG
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\Config
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Config
  • ASP.NETの一時ファイルディレクトリ
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\Temporary ASP.NET Files
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\Temporary ASP.NET Files
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\Temporary ASP.NET Files
    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Temporary ASP.NET Files
  • IISのconfigフォルダー
    %SystemDrive%\Windows\System32\inetsrv\config\
  • IISの一時圧縮フォルダー
    %SystemDrive%\inetpub\temp\IIS Temporary Compressed Files
カテゴリー: IIS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください