Windows Azure Virtual Machine でSQL Serverを動作させる時のパフォーマンスガイドライン

SQLCATのBlogに投稿された「Running SQL Server in Windows Azure Virtual Machine - Performance Guidelines for Preview」を元にした投稿です。

基本的には、オンプレミスのSQL Serverと同じ考え方でパフォーマンスチューニングが効く。

  • VMのサイズは大きければ大きいほど性能改善に役立つ
    CPU、メモリがボトルネックの間は、大きくすればするほど性能が改善する。
    通常のプロダクション環境では、MediumからLargeを推奨するが、最高なのはえxtらLarge
  • SQL Serverの最大メモリは規定値
    随時負荷に応じてVMサイズを変更する運用をするなら、動的にメモリ調整をSQL Serverが
    できるように最大メモリは固定しない方が良い。
  • Dataディスクを必要なIOに合わせて追加する
    データベース数が複数ある場合でIOがきついなら、DataDiskを複数くっつけて分散させる
    (個人的な感想)Win2012からは記憶域プールが使えるようになるので素敵なことになるのかな??
  • Diskキャッシュ
    Dataディスクは既定でオフになっているので、そのままWriteキャッシュは無効にしておくと良い。
    OSディスクはWriteキャッシュがONになっているので、OSディスクにデータファイル置くなら
    OFFにしたほうがいい
  • Dドライブにtempdb置いた方がいい?(個人的感想)
    Dドライブは、Azureストレージじゃなく、VMと同じ物理ラックに置かれた非永続化領域なので
    速いのかな?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin