SQLCMDでSQL Azureデータベースを作成する

Creating a SQL Azure Database with SQLCMD - SQL Azure Team Blog - Site Home - MSDN Blogsを簡単に翻訳したエントリーです。

一度、SQL Azure Portalでサーバを配置すれば、sqlcmd.exeを使用してデスクトップのコマンドラインからデータベースを作成したり、削除することができます。スクラッチでデータベースを作成し、スキーマをアップロードし、きれいな環境でテストしたり、それらを繰り返しテストするときに便利です。

注意すべき事は、データベースを作成したり削除したりするときはマスターデータベースに接続する必要があることです。また、 -Nパラメータを使用して接続を暗号かあすることも重要です。暗号化に関する詳細情報は、こちらを参照してください。

 

データベースの作成

 

最初に、データベースを作成するためのTransact-SQLコマンドを含む.sqlファイルを作成します。例えば、次のようなクエリになります。

CREATE DATABASE Test

これは、デフォルトサイズの1ギアバイトのデータベースが作成されます。コマンドをCreateDatabase.sqlというファイル名に保存したとします。コマンドラインからコマンド(ファイル)を実行するコマンドは次の用になります。

sqlcmd -SyourSeverdatabase.windows.net -UyouLogin@yourServer -PyourPassword -dmaster -i –N CreateDatabase.sql

ユーザ名は、「ログイン@サーバ名」の形式にする必要があります。ログインは、SQL Azureサーバ上の管理者ログインを使用し、マスターデータベースに対して発行します。

 

データベースを削除する

 

データベースの削除も同様の方法で行います。スクリプトは次の用になります。

DROP DATABASE Test

コマンドをDropDatabase.sqlというファイル名に保存したとします。コマンドラインからコマンド(ファイル)を実行するコマンドは次の用になります。

sqlcmd -SyourSeverdatabase.windows.net -UyouLogin@yourServer -PyourPassword -dmaster -i –N DropDatabase.sql

 

検証

 

SQL Azureの最小課金単位は、一日です。1ギガバイトのデータベースで一ヶ月に$9.99(日本の場合は、979円ぐらい。詳細は、ここで。) 一日あたり33セント(日本の場合は、33円ぐらい)です。データベースを作成し、すぐに削除すれば33セントかかります。詳細は、Windows Azure Pricing | Windows Azure Services | Windows Azure Platformで確認できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin