SQL Azure インポート/エクスポートサービス(CTP)をすべてのAzureデータセンターで提供開始

Avkash氏のBlogに投稿されたエントリをざっくり意訳した投稿です。

新しいSQL Azure用のエクスポート/インポートサービスをすべてのWindows Azure データセンターにおいて、公開CTP版での提供を開始しました。

このサービスは、SQL AzureデータベースとWindows Azure Blob間で直接インポート/エクスポートすることができるサービスです。BACPACファイルフォーマットを使用するツールと本サービスを補完するクライアントツールも提供しています。Database Import and Export for SQL Azure

インポート/エクスポートサービスは、公開RESTエンドポイントを提供しています。私たちが提供しているEXEのリファレンスは、http://sqldacexamples.codeplex.com/releases/view/72388で提供しています。

サービスの使用シナリオ

直接Blobストレージに保存する

SQLエンジンを使用せずに、データにアクセスすることができるBACPACファイルフォーマットを使用できます。

マイグレーション

クライアントサイドのDAC Frameworkを使用することで、オンプレミスのデータベースからBACPACファイルにエクスポートすることができます。エクスポート後は、BACPACからBLOBストレージアカウントに転送することができ、本サービスを使用してSQL Azureにデータをインポートすることができます。

BLOBストレージと「大容量のDACPACまたは、多数のDACPAC」の相互移動させるのに、間もなく提供予定の転送サービスを使用することができます。

サポートされたフォーマットでのBLOBストレージのバックアップ

今のところ、データ整合性を担保したトランザクション制御をしたエクスポートには対応していません。データ整合性を担保するには、Database Copyを使用して複製したデータベースからエクスポートする必要があります。エクスポートすることでオフライン環境に圧縮した状態でファイルに格納することができます。

ディザスターリカバリ

データベースのデータ保護を冗長化させるために、データベースオフライン環境にコピーするために別のデータセンター上のストレージアカウントにエクスポートできるか確認をされます。

参考

RedGateが提供するSQL Azure Backup BETA は、自動的にトランザクション制御によるデータ整合性を担保したエクスポート機能を提供しています。試用期限制限がありますが、http://www.red-gate.com/products/dba/sql-azure-backup/から入手して使用することができます。

SQLAzureMWは、同様のことができるとてもポピュラーなツールです。
http://sqlazuremw.codeplex.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin