Azure SQL Databaseの監査ログを参照するときのチップス

Azure SQL Databaseの監査ログを見るとき、知らないと面食らうというか上手く使えなくてしょんぼりすることがあります。
ちょっとしたポイントを知っておくと幸せになれます。

監査ログをAzure ポータルで参照しようと思うと最終的にはクエリエディターを起動することになります。クエリエディターのログインに使用するアカウントは管理アカウントになります。

クエリエディタが起動すると次のようなクエリが書かれています。

SELECT TOP 100 event_time, server_instance_name, database_name, server_principal_name, client_ip, statement, succeeded, action_id, class_type, additional_information
FROM sys.fn_get_audit_file('https://xxxxxxx.blob.core.windows.net/sqldbauditlogs/xxxxxxxxx/xxxxxxxx/SqlDbAuditing_Audit/2018-08-29/04_00_49_057_2108.xel', default, default)
WHERE (event_time <= '2018-08-29T04:00:51.022Z')
/* additional WHERE clause conditions/filters can be added here */
ORDER BY event_time DESC

Blobファイルを読み込んで検索していますね。
ファイルが細かく分かれているので、ほかのファイルも対象にしたくなります。

ドキュメント読んでワイルドカードとか試したのですが、あまりちゃんと動かず、結局たどり着いた結論は、「前方一致」したものが対象になるでした。

例えば、Blobファイルの指定を、「
https://xxxxxxx.blob.core.windows.net/sqldbauditlogs/xxxxxxxxx/xxxxxxxx/SqlDbAuditing_Audit/2018-08-29/ 」とすると、8/29のものがすべて。「
https://xxxxxxx.blob.core.windows.net/sqldbauditlogs/xxxxxxxxx/xxxxxxxx/SqlDbAuditing_Audit/2018-08-2」とすると、20日~29日が対象となります。(たぶんねw

データ量が多いと検索にえげつない時間かかります。
自分が試した環境だと10分程度でも結果出るのに1分とかかかりました。

つらいですね。
もう少し素敵な検索方法は、SQL Server Management Studioを使うことです。
ポータルでやるのはあきらめて、ここの真ん中あたりに記載がある「SQL Server Management Studio (SSMS 17 以降) で [監査ファイルの統合] を使用します。」の手順にのっとるのがいい。

これを実行すると、Blobストレージのアクセス権APIキーを設定した後、取り込みたい範囲を指定して、ローカルにダウンロードし、SSMSでフィルタリングとかをして調査をします。
めっちゃいい!と言い切れない部分もあるのですが、Azure Portalよりは断然ましです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin