Windows Azure管理ポータルの素晴らしい改善点fromガスリーBlog抜粋

直近3週間で、Windows Azure管理ポータルに幾つかの新しい機能強化をリリースしました。

  • 6言語のローカライズをサポート
  • (管理ポータルでの)操作ログの提供
  • SQL Databaseの統計情報
  • 仮想マシンの強化(WindowsとLinuxの仮想マシンのクイック作成)
  • Webサイトの強化
    (全てのリージョンのサイト作成をサポート、プライベートgithubリポジトリからのデプロイ)
  • クラウドサービスの改善(ストレージアカウントからのデプロイ、専用キャッシュの設定)
  • メディアサービスの強化
    (アップロード、エンコード、パブリッシュ、ストリームすべてをポータル内で提供)
  • 仮想ネットワークのユーザビリティ強化
  • ストレージアカウントでカスタムCNAMEに対応

これらの改善はすべて本番環境で提供されており、今すぐ利用を始めることができます。

スコット・ガスリーが投稿した「More Great Improvements to the Windows Azure Management Portal」をざっくり抜粋意訳した投稿です。

クラウドサービスの強化

Windows Azureストレージからクラウドサービスをデプロイできるようになりました。
管理ポータルで、Windows AzureストレージのBlobに格納されたアプリケーションパッケージと設定ファイルをデプロイできるようになりました。
image

メディアサービスの強化

Windows Azure管理ポータル内から直接ビデオのアップロード、エンコード、パブリッシュ、再生をできるようになりました。Windows Azure Media Servicesを簡単にはじめて、特にコードを書くことなく一般的なタスクを実行できるようになります。

image

ポータル内のアップロードボタンをクリックすると、自分のPCから直接メディアファイルをアップロードすることができます。

image

アップロードが完了したら、CONTENTタブを選択し、Encodeボタンを選択すると、ストリーミングフォーマットに変換することができます。

image

デフォルトでいくつかのエンコードフォーマットが提供されており、簡単にメディアコンテンツを変換することができます。

image

エンコーディングボタンをクリックすると、Windows Azure Media Serviceはクラウド上でエンコーディングジョブを起動します。完了すると、コンテンツタブでビデオを選択し、PUBLISHするとストリーミングエンドポイントが設定されます。

image

Playボタンをクリックすると、直接ストリーミングエンドポイントを使用してポータル内で再生できます。

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin