SQL Data Sync 2012年7月アップデートの内容

Windows Azure SQL Database Servicesの2012年7月アップデートの内容がBlogに投稿されていたので紹介します。

SQL Data Syncを使用してFederationの参照テーブルをレプリケーションできるようになりました

09

SQL Azure Federationでは、メンバーデータベースに参照テーブルを含めることができます。
一度、SPLITで分割したメンバーデータベースに含まれる参照テーブルは互いに独立したテーブルなので、
片方を更新しても、もう片方には変更は反映されません。

その為、これまでは手動でメンバーデータベースの数だけ参照テーブルを更新する必要がありました
例えば、メンバーデータベースが30個あった場合、30回参照テーブルを更新しないと、
全ての参照テーブルに変更を反映させることができません。

2012年7月のアップデートにより、SQL Data Syncで、メンバーデータベースの参照テーブルを同期対象に設定できるようになりました。

image

上の図のように、メンバーデータベースを同期グループに登録することができます。
同期したいメンバーデータベースの参照テーブルとSQL Data Syncのハブデータベースとを同期するように設定します。

同期設定をすると、次の図のようにメンバーデータベースをすべて同期するように設定できます。

image

とは言え、制限事項もあります。

  • レプリケーション間隔は短くても5分なので、最大5分の同期遅延があります。
  • スクリプトによる同期レプリケーションの設定をすることができません。
    つまり、同期設定をしたい場合は、GUIで手で設定する必要があります。20個同期するなら20回。。。
  • 最大でも30個までしか、同期グループに設定できません。

参照テーブルで一意のIDを生成するのにIdentityプロパティを使用できるようになりました

2012年7月のアップデートで、フェデレーションメンバーの参照テーブル上でIdentityプロパティを使用できるように、制約を解除しました。
これにより、スキーマの変更を最小限に、既存のデータベースからフェデレーションへの移行ができるようになります。

参照元

Newsflash: Reference Data Management Simplified in Federations with the July 2012 Update to SQL Database! Reference Data Replication with Data Sync Service, Unique ID Generation for Reference Data and more…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin