SQL Azure Data Sync 2012年4月サービス更新内容

Preview版が提供されているSQL Azure Data Syncサービスが、2012年4月2日にサービスアップデートされました。

image

  • デプロイした同期グループを更新できるようになりました。
    同期グループを動的に更新できるようになりました。詳細は、同期グループの編集(英語)を参照してください。
    ・データセットへの列の追加
    ・データセットへのテーブル追加
    ・データセットから列の削除
    ・データセットからテーブルの削除
    ・列のwidthの変更
    image
  • 同期グループをより簡単に管理できるように、ポータルに情報を追加しました。
    1. クライアントのエージェントバージョンを表示します。クライアントエージェントが最新バージョンでない場合、更新を推奨するメッセージをし、間もなくサポートが終了するエージェントバージョンの場合は警告メッセージ、エージェントがすでにサポートされていない場合はエラーメッセージを表示します。
    2. 60日以上、変更適用の失敗が原因で60日以上経過した同期グループに警告を表示します。
  • Entity FrameworkやNHibernateのようなORM(オブジェクトリレーショナルモデル)フレームワークとData Synacを一緒に使用した場合に発生する問題を修正しました。
  • エラーメッセージとステータスメッセージを改善しました。

 

参照情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin