tool

featuresql-server-logo

 

追記SQL Server Management Studio 2015年12月版リリースされています。

 

SQL Server Management Studio 2015年11月版がリリースされました。
今回のバージョンでは、10月リリースまでのすべての更新が含まれています。

SSMSで高DPIディスプレイ用のビットマップスケールに対応しました。さらにAlwaysEncrypted用のダイアログとウィザードのユーザーインターフェイスの改善と、アンインストーラーのバグ修正などを実施しています。

SQL Server Management Studioは従来、SQL Serverのメジャーバージョンに紐づいてリリースされてきました。
それでは、Azure SQL Databaseへの柔軟な対応がしにくいため、SQL Server製品から切り離されて、ツール単独でのリリースサイクルになりました。
最近では、月1回のペースで、○年○月版という形で、SQL Server Management Studioがリリースされています。

ダウンロード

Download SQL Server Management Studioから、ダウンロードできます。

今回のプレビューのリリース番号は、13.0.800.111です。

ビットマップスケーリング

SSMSで、高DPIディスプレイ用のビットマップスケーリングに対応しました。このBlogで、高DPIモニター上でのSSMSダイアログでいくつかの問題があることを報告してくれました。DPIスケーリングを可能にするために今後数か月継続して取り組みます。

AlwaysEncrypted

AlwaysEncryptedダイアログとウィザードのユーザーインターフェイスを改善し、データベース暗号カキーをわかりやすい手順で作成できるようにしました。

コンテキストメニュー

Live Query Statisticsを表示するためのActivityモニターで、プロセスリストを表示する項目を追加しました。

アンインストール

クライアントマシン上で、SSMSプレビューリリースを適切にアンインストールできるようにバグ修正しました。11月版以前のSSMSプレビューを削除するためには、リリースノートを参照してください。

過去履歴

SQL Azure

Azure SQL Database ロゴ

Azure SQL Database に追加されてた機能一覧と追加日をまとめています。新機能の追加情報を追っていくうちにどのような機能があり、正式リリースされたのかプレビューなのかがわからなくなります。
それらを一覧にまとめたので、理解するのに役立てば幸いです。

Azure SQL Database の更新タイムライン

機能一覧

正式リリース

プレビュー

まとめ

V12サーバー がリリースされて、SQL Server との互換性が大きく向上したことで、SQL Server 2016 で開発された新機能がシームレスに投入できるようになりました。
その為、数多くの機能が追加されるようになり、一時期の停滞が嘘のように、機能が追加れて使いやすくなっています。
少し前までは、クラウド専用でクラウド用にカスタマイズされていたので、使いずらい部分がありました。
今では、SQL Server と高い互換性があるので、安心して利用することができます。

また、性能によるサービス帯提供となったことで、クラウドだからスケールアウトしましょうから、必要に応じて、スケールアウトとスケールアップを選択してくださいと言えるようになったのは素敵。
また、SaaSベンダー用に、スケールアウトさせたときに料金が抑えられるように、 Elastic Database Pool が発表されたのも採用障壁が下がりましたね。

tool

SSDT October 2015 Preview in Visual Studioがリリースされました。

SQL Server 2016 用のReport ServerのReporting Serviceのデザインツールが同梱されています。

過去履歴

tool

追記SQL Server Management Studio 2015年12月版リリースされています。

 

SQL Server Management Studio 2015年10月版がリリースされました。
今回のバージョンでは、9月リリースのすべての更新が含まれています。
さらに、新しいモダンなインストーラーの提供、Always Encrypted カラムウィザード、Stretchデータベースウィザードといくつかのバグフィックスが提供されます。

SQL Server Management Studioは従来、SQL Serverのメジャーバージョンに紐づいてリリースされてきました。
それでは、Azure SQL Databaseへの柔軟な対応がしにくいため、SQL Server製品から切り離されて、ツール単独でのリリースサイクルになりました。
最近では、月1回のペースで、○年○月版という形で、SQL Server Management Studioがリリースされています。

 

ダウンロード

Download SQL Server Management Studioから、ダウンロードできます。(数日以内に9月版から10月版に更新されます)

インストールウィザード

SQL Server Management Studio のダウンロードとインストールプロセスをシンプルにする、軽いモダンなWebインストーラーを提供します。

 

Always Encrypted カラムウィザード

特定の列のクライアントサイドでの暗号化、複合化を可能にします。
Windows証明書ストアーもしくはAzure Key Vaultに格納する、列マスターキーと新しい列の暗号化キーを作成します。
Always Encryptedの詳細はMSDNライブラリを参照してください。

 

新しい列マスターキー

データをセキュアに維持するために暗号化キーをローテーを簡単にできるAlways Encryptedデータベース用の列マスターキー(CMK)ローテートダイアログを用意しました。

 

Stretch データベースのモニタリング

Azureクラウドへのデータ転送のトラブルシュート、監視をするためのStretchデータベースモニタリングが追加されました。

 

Stretchデータベースウィザードの改善

既定のMicrosoft Azure サブスクリプションではない、Microsoft Azureサーバーを選択できるようになりました。

 

バグフィックス

Live 実行クエリプラン、データベースのスナップショットのスクリプト化、Query Datae Storeユーザーインターフェイスの表示バグを修正しました。

 

過去履歴

Windows Azure

image

MSDNに、Azure Active Directory を削除するための手順を説明したブログ「Delete an Azure Active Directory」が投稿されています。Azure Active Directory を削除するにはポータルで操作する前に、Azure Active Directory PowerShellを使用する必要があります。

課題

Azure Active Directory を削除しようとすると、イラッとするかもしれません。
消してみましょう。

 

エラーが出ます。

image

 

すべてのユーザーを消しても、まだエラーが出ます。

image

 

アプリケーション一覧からすべてのアプリケーションを削除しましょう。「自分の会社が所有するアプリケーション」を選択し、フィルター表示します。
アプリケーションはありません。

 

image

 

しかし、「自分の会社が使用するアプリケーション」には登録があります。

 

image

 

解決策

Azure Active Directory PowerShellを使用します。

image

 

Azure Active Directory Module for Windows PowerShell (64-bit version)からダウンロードして入手することができます。

 

deleteというユーザーを作成します。

 

image

 

image

 

image

 

image

 

パスワードを変更する必要があります。
https://login.microsoftonline.com/ にログインして、パスワードを変更します。

 

image

 

このユーザーは、PowerShellでログインするのに必要です。

 

Import-Module MSOnline
Connect-MsolService

ログインプロンプトが開きます。Global Adminのユーザー名とパスワードを入れます。

 

image

 

Get-MsolServicePrincipal | Remove-MsolServicePrincipal

大量のエラーがでますが無視してください。

 

image

 

ポータルにアクセスし、ユーザーを削除します。

今度こそ削除できます。

image