Windows Azure

概要

この投稿はMicrosoft Azure Advent Calendar 2016 の22日目です。昨日、21日目は、dz_さんの「Check! コンテナ管理プラットフォーム Rancher を Azure 上で動かしてみよう」でした。

Azure App Service Companion preview

2016年10月19日に、iOS版のAzure App Service Companion previewのリリースが発表されました。

このアプリを使用することで、Azure App Serviceにデプロイしているサイトの性能情報の確認やアラートの確認、サービスの再起動・停止ができます。

現在、iPhoneアプリAndroidアプリの両方が提供されています。

Web Apps の停止と再起動をしよう

サイトを見てみましょう。

2016-12-22 12.17.05

 

この画面の最下部に不穏なボタンがあります。

image

 

「Stop」ボタンを押してみましょう。

image

 

はい、止まりましたね…。

止まりましたね。

 

ボタンを一回押したらさーびすが停止!( ゚Д゚)こえー

とりあえず、起動しときましょう。

image

 

ログインしてサブスクリプションを登録しましょう

アプリを起動しましょう。

2016-12-22 12.14.43

 

ログインしましょう。

2016-12-22 12.14.52

 

起動しているWebAppsが一覧表示されるので、管理や監視をしたいサービスを選びます。

2016-12-22 12.16.25

 

概要ページが表示されます。HealthがUnknownなのはびっくりしました。なんででしょう。

2016-12-22 12.17.39

 

普通にプロパティが見えますね。

2016-12-22 12.17.59

 

秒間リクエスト数が見えますね。

2016-12-22 12.18.26

 

まとめ

Azure App Service Companion preview で、簡単な管理や監視はすることができますね。
ここから、インスタンスの増加ができるとか、できることはいろいろ増えてくるとは思うので、利便性がでてくると思います。

でも、サービスの停止ボタンをタップしたときに、確認ダイアログは出てほしいかも。

うっかり停止して障害とかこえぇぇ( ゚Д゚)

Windows Azure

MSアカウントと組織アカウントのメールアドレス重複についての説明を読んで、ボリュームライセンスのアカウントが組織アカウント(AzureAD)に対応する前に何してんだ!!!!て思ってたら、ようやく対応が告知されました。

VLSCにログインすると下記のような案内が来ています。

image

 

2016年10月に、Visual Studio Subscriptions (旧 MSDN Subscriptions) をすべて管理する新しい統一管理ポータルが発表されます。

10月に、Visual Studio Subscriptionsの新しいポータルへの移行を開始します。今後数ヶ月で、すべてのお客様が移行されるまで、毎週、一定数のお客様を移行していきます。新しいポータルはAzure Active Directoryを利用してアクセスを管理しますが、Azure Active Directoryにまだ加入されていない顧客組織のために、簡単な研修プログラムを用意しました。

Visual Studio Administrationから、お客様がVisual Studio Subscriptionsの管理を継続するため、今後どうしたらよいのかを説明するEメールが届きますのでご注意ください。

Windows Azure

Visual Studioを使用して、いくつかのAzureプロジェクトを使用していると、Azure エミュレーターがクラッシュしてしまうことがあります。

System.Runtime.InteropServices.COMException (0x800700B7): Cannot create a file when that file already exists. (Exception from HRESULT: 0x800700B7)

「すでにファイルが存在しているため、ファイルを作成できません」とエラーが表示されます。

Error

 

対処方法

  1. ファイル名を指定して実行で、「wmimgmt.msc」と入力します。

    image

  2. 「WMIコントロール(ローカル)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。

    image

  3. 一般タブで、WMIで問題があれば、ボックス内に表示されます。

    image

  4. 下の画像のケースでは、WMIクラスで問題が発生しています。

    Win32_Processor
    Win32_WMISetting

    wmierror

  5. MOFファイルを修復するために、mofcomp.exe <MOFFilename.MOF>を実行します。C:\Windows\System32\wbem フォルダーにmofcomp.exeが配置されています。
  6. regsvr32 <MOFFilename.dll>でDLLを再登録します。

    fixIssue

  7. 再度、プロパティを確認して問題が発生していないか確認します。
  8. 再度エミュレーターを起動してみてください。

tool

 

SQL Server Management Studio 2016年3月版がリリースされました。
今回のバージョンでは、2016年2月リリースまでのすべての更新が含まれています。

機能改善と多くのバグ修正をしています。
AlwaysEncryptedウィザードでの暗号化するエイリアスデータのサポート、キーボードキーを使用したナビゲーションでのインストールができるSSMSウェブインストーラーの改善、その他いくつかのバグ修正が対象となっています。

SQL Server Management Studioは従来、SQL Serverのメジャーバージョンに紐づいてリリースされてきました。
それでは、Azure SQL Databaseへの柔軟な対応がしにくいため、SQL Server製品から切り離されて、ツール単独でのリリースサイクルになりました。
最近では、月1回のペースで、○年○月版という形で、SQL Server Management Studioがリリースされています。

ダウンロード

SSMS March 2016 Preview

今回のプレビューのリリース番号は、13.0.12500.29です。

更新内容

  • SSMSウェブインストーラーが改善され、キーボードキーを使用したナビゲーションができるようになりました。
  • Always Encryptedウィザードが改善し、暗号化にエイリアスデータ型をサポートしました。
  • AlwaysOnで新しい可用性グループウィザードで、自動フェイルオーバー対象の最大数を表示できるようにします。
  • SSMSウェブインストーラーを使用して、インストールに影響が出るエラーのバグを修正しました。
  • バックアップウィザードで、ストライプバックアップをする際に複数のバックアップ名を使用することができるように改善しました。

更新履歴

SQL Azure

Azure SQL Data Warehouseサービスは、数秒以内でコンピュートリソース量を動的に設定することができます。アサインするDWU(Data Warehouse Units=コンピュートパワー)量の設定は、Azure Portalを開いて、データベースブレードを表示することで表示できます。

SQL チームは、DWU設定情報にプログラム的にアクセスすることができる新しいDMV(sys.database_service_objectives)を紹介します。論理サーバーのmasterデータベースに接続し、次のクエリを発行します。

SELECT
db.name [Database],
ds.edition [Edition],
ds.service_objective [Service Objective]
FROM
sys.database_service_objectives ds
JOIN sys.databases db ON ds.database_id = db.database_id

このクエリは、論理サーバー上のすべてのデータベースとサービスオブジェクト(DWU設定を含む)を返します。

この例では、3つのData Warehouseと1つのAzure SQL Databaseがあります。

SELECT
db.name [Database],
ds.edition [Edition],
ds.service_objective [Service Objective]
FROM
sys.database_service_objectives ds
JOIN sys.databases db ON ds.database_id = db.database_id
WHERE
ds.edition = 'DataWarehouse'