SQL Azure

SQL Database Elastic Poolは、POOL DTUに応じてストレージ容量が割り当てられます。
1DTUにつき1GBのストレージが付与されています。

Create and manage a SQL Database elastic pool (preview)

ストレージ容量が上限にまで達すると、Pool内のすべてのデータベースが読み取り専用になります。この状態になった場合は、DTUを増やすか、1つ以上のデータベースを削除するか、Poolから除外するかして対応することになります。

Poolストレージの上限に達してしまうのを防ぐには、ポータルでストレージの容量が閾値を超えたらアラートを飛ばすように設定してください。

元ネタ

SQL Database elastic database pool reference (preview)

SQL Azure

フォーラムで興味深い情報がMicrosoftの中の人から回答されていたので紹介します。

Azure ポータルで、Azure SQL Databaseのスケールの情報を参照すると次のような記載がされています。

スケール アップに利用可能な DTU 2000 (サーバーで利用できる 1995 + 現在のパフォーマンス レベルに関連付けられている 5)

image

 

これの意味について、中の人の解説。

Azure SQL Databaseにはロジカルサーバーの概念があります。
ロジカルサーバーは、物理リージョンでデータベースの集合体です。
それぞれのロジカルサーバー(もしくはデータベースの物理的なグルーピング)には、データベースが接続された特定サーバーによってDTU数が制限されています。

上のスクリーンショットの例では、サーバーで2000DTUが提供されていて、そこから現在5DTUを使用している状態です。つまり、このサーバー上では、残り1995DTUを使用して1つ以上のデータベースを作成できます。
たとえば、ほかにP3(1000DTU)のデータベースと39個のBasicデータベース(Basic1つあたり25DTU)をサーバー上のキャパシティーで使用可能です。

所感

負荷が高まったら、DBをスケールアップさせようと計画している場合は、事前にここの数値を確認し、サーバー上でスケールアップさせる余地が残っているか確認したほうがよさそうですね。

SQL Azure

フォーラムで次のような類似した質問があがっていました。

これに対して、中の人の回答は次の通り。

V11までのAzure SQL Database用には、Azure Management PortalからSQL Serverを管理するための機能が提供されています。
しかし、
Azure SQL Databaseの新しいバージョン(v12)用にはまだ提供されていないのです。

なので、ポータル上からもリンクが無いのです。残念。
あとはSilverlightなので、今後を考えると何らかのツールに置き換わるのか、HTML5で実装しなおされていると想像しています。(注:別に非公開情報で知ったとかではなく、推測なので、このままDisconする可能性もあったり…)

SQL Azure

MSDNブログで、「New service update available for SQL Data Sync!」という記事が投稿されました。

最後に、SQL Data Syncのアップデートを発表してから3年以上経過した増したが、その間も顧客の問題に対応するため、バックエンドサービスを継続的にアップデートをデプロイし続けていました。
フィードバックを受け、最近のサービスの変更と新しいSQL Data Syncエージェントのリリースについて発表できてうれしいです。2つの大きな機能強化を含んでいます。

1.テーブル照合順序の動機をサポート

  • ハブまたはメンバーデータベースに、まだ同期するテーブルスキーマが存在しない場合、同期グループ上にデプロイすると、SQL Data Syncは自動的に選択した同期スキーマと同じ照合順序の設定で空のデータベースにテーブルと列を作成します。
  • ハブにもメンバーデータベースにもすでに同期するテーブルが作成されている場合、同期グループのデプロイが成功するためには、SQL Data Syncはハブ/メンバーデータベース間で同じ照合順序をプライマリキーに持つ必要があります。

2.性能と正常実行力の改善

  • 同期元と同期先への変更転送バッチが強化され、同期スループットが速くなっていることを確認できます。
  • 転送元からのデータ読み取りや、転送先への書き込み時、エラーハンドリングロジックを改善しました。

新しいSQL Data Syncエージェント

新しいバージョンのSQL Data Syncエージェントは、ダウンロードセンターで入手できます。

それぞれ次のドキュメントを確認し対応してください。

新規インストール:https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/jj823137.aspx

アップグレード:https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/hh667308.aspx

古いバージョンのSQL Data Syncエージェントは、期限が切れる2015/8/18までは使用し続けられます。

SQL Azure

Preview: Azure SQL Database Query Store」で、Azure SQL DatabaseでQuery Storeが利用できるようになったことが発表されました。

Query Storeとは

Query Storeは、クエリ履歴とプラン、実行統計情報を自動的に記録します。
この機能を使用することで、クエリプランの変更により発生するパフォーマンス劣化を簡単に特定し、性能問題のトラブルシューティングを簡単にできるようになります。

有効化と使用方法

早速、使用してみましょう(ドキュメントを参照します)。
私用に当たっては、SQL Server 2016 CTP 2.0のSQL Server Management Studioを使用する必要があります。

Azure SQL DatabaseにSSMS 2016 CTP 2.0で接続します。
次に、Query Storeを有効化するために、データベースのプロパティを開いて、有効化をTrueに設定します。

image

Azure SQL Databaseで、Query Storeを有効化するとオブジェクトエクスプローラーに、クエリストアが表示されます。

image

追跡したクエリを開き、クエリIDを指定すると次のように実行された時間と、実行計画が表示されます。

image