Azure Active Directory Preview 2nd版のリリース(破壊的変更)

数日後、Windows Azure Active Directory Previewの新しい更新をリリースします。

Preview版の動作に破壊的影響を避けることができない、フィードバックを元にした機能の追加と変更を実施します。すでにWindows Azure Active Directoryを使用してアプリケーションを開発していたり、アプリケーション開発を計画している場合は、いくつかの個所でアプリケーションのアップグレードをする必要があります。

  • ユーザーのTenantIDの変更
    Audienceフィールドのトークンをspn:appid@tenantidからspn:AppIDに変更します
    tenantIDはIssuerフィールドから取得してください。
  • URLのtenantフォーマットの変更
    AAD URLとフェデレーションメタデータのエンドポイントURLの定義が変わります
  • コンテンツトークンの変更
    claimsの定義が変わります
  • Issuer Valueの変更
  • Graph APIエンドポイントを変更します。
    URLが変わります。graph.windows.netへ。

情報源

MSDNフォーラムのアナウンス:PLEASE READ: 2nd New Release of Windows Azure Active Directory Preview (Breaking Changes)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin