SQL AzureでCo-Adminを設定する方法

Tech Ed North America 2011で、次期サービスアップデート時にリリースすると予告されていたSQL Azure のCo-Admin機能が使用できるようになっています。

Windows Azure管理ポータルにログインし、左側メニューから「Database」をクリックします。

image

データベースセクションに移動したら、上部メニューの「User Management」をクリックします。

image

ユーザ管理画面では、利用可能なすべてのサブスクリプションのサービス管理者とCo-Adminを確認することができます。

image

「Add New Co-Admin」をクリックし、Co-Adminユーザを追加します。

image

Co-Adminに追加したいユーザのWindows Live IDを入力し、管理を委任するサブスクリプションを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

image

追加すると、Co-AdminのWindows Live IDが表示され、管理することができるサブスクリプションが表示されます。

image

Co-Adminに指定したWindows Live IDで、Windows Azure管理ポータルにログインし、ユーザ管理画面を参照します。次のように、Co-Administratorと表示され管理できるサブスクリプションとして表示されていることを確認できます。

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin