DebugDiag 2 Update 2 がリリース

DebugDiag 2 Update 2がリリースされました。

  • 高頻度の例外発生しているときに、モニタリング例外が原因でdbghostでCPU使用率が高くなる問題を修正
  • sos.dllで、バグが原因でメモリリークする問題を修正しました
  • セキュリティ自動更新機能が追加されました
  • Nativeメモリのトレースが修正されました
  • .NET 4.6 が対象のときブレイクポイント問題を修正しました
  • 分析時に発生するいくつかの例外を修正しました
  • 新しいレポートフォーマットを追加しました
  • Microsoft.Diagnostics.Runtime.dllを更新
  • .NET 4.6 に対応しました
  • いくつかの新しい分析項目が追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください