Git のGUIツールといえばGitKrakenで決まり!

永らく、Gitの管理ツールとして、Source Treeを使っていました。
4~5年使い続けてきて、これまでは乗り換えるほどの不満を持つことなく使ってきました。

しかし、今では、GitKrakenしか使っていません。
GitKraken はこんな感じの見た目のツールです。

image

こいつ見た目だけで選んだな?と思われたかはお待ちを!
見た目だけでなく、いくつかのお気に入りポイントがあって、これを使っています。

一つ目は快適
さくさく動きます。
カーソルをドーンと上下に動かしても、もっさりすることはないです。
開くまでも、まま早い。

二つ目はマージ衝突の解消がわかりやすくて、やりやすい
マージって、ストレスかかるじゃないですか。
やってて、なかなかぴんとこなくて、、、マージコンフリクトでマージし間違ったらイライラ。

GitKrakenで、コンフリクトした時の解消画面がこちら!

image

画面上部の左右に、コンフリクトしたコードが並んでいて、下部のウィンドウがマージ結果を表しています。
この状態で、上部のハイライトされている部分のチェックボックスにチェックを入れるとしたのウィンドウに反映されます。左右のチェックボックスにチェックを入れたり消したりすると、結果ウィンドウにそれらが反映されます。

めっちゃ視覚的いい。
これならマージの衝突解消頑張れる気がする。

三番目は操作が視覚的なところ。

マージやめたいなぁと思ったら、やめるためのボタンがあります。

image

マージしたいなーと思ったら、したいほうから、するほうにD&DすればOK。

D&Dすると、以下のようなメニューが表示されます。

image

あら素敵。

とまぁこんな感じで細かい些細な操作が一度使えば覚えられるわかりやすさがあるのです。
友達に教えてもらってGitKrakenを使い始めてから、SourceTreeをインストールしなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください