ASP.NET WEB API 2 のメモ

投稿者: | 1月 10, 2015

 ASP.NET Web APIは、モバイルデバイス、ブラウザ、クライアントアプリなどで、HTTPサービスを簡単に作ることができるフレームワーク。ASP.NET Web APIは、.NET Framework上で、RESTfulアプリケーションを構築するためのプラットフォーム。

Nugetで提供されている。

Install-Package Microsoft.AspNet.WebApi.Client

.NET で、POSTやGETなどのRESTful通信をしたいときに使うと手軽で実現可能。

こんな感じでかけるので素のPOST処理を書くのに比べると段違い。

using (var client = new HttpClient())
{     client.BaseAddress = new Uri(baseUrl);     client.DefaultRequestHeaders.Accept.Clear();     client.DefaultRequestHeaders.Accept.Add(new MediaTypeWithQualityHeaderValue("application/json"));     var accesstoken = new accessToken(clientId, clientSecret, code);     HttpResponseMessage response = await client.PostAsJsonAsync("/api/v2/access_tokens", accesstoken);     if (response.IsSuccessStatusCode)     {         Uri gizmoUrl = response.Headers.Location;     }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください