Windows Azure XS Instance

Windows AzureのSmall コンピュートインスタンスの費用は、1時間に12セントである。

PDCで発表したextra small インスタンスの費用は、1時間に5セントである。

特徴は、以下のとおりである。

  • CPU:64bit 1GHzプロセッサー相当
  • メモリ:768MB
  • ストレージ:20GB
  • ネットワーク:低帯域(5Mbps)

この特徴から、明らかにCPU性能が低く、メモリが少なくても動作するアプリケーションにあっている。

特に次のようなケースに適合する。

  • トラフィック量がとても少なく、CPUをあまり使用しないweb Role
  • CPUをあまり使用せず、メモリをあまり使用しないWorker Role
  • Windows Azureサービスの試作版(プロトタイプ版)
  • Windows Azureのデモ動作
  • 定期的に起動し、状態を確認するRole

他のインスタンスとはどう違うのでしょうか。仮想-物理アーキテクチャで全てが異なる。たとえばXS(extra small)インスタンスは、同じ物理ホスト上のほかのXSインスタンスとリソースを共有させる。XSインスタンスでは、専用メモリとCPUは提供されない。共通利用が最初の特徴である。

対照的に、Small/Medium/Large/Extra Large(S/M/L/XL)インスタンスは、同じ物理ホスト上にホストされている他のVMとリソースを共有しない。これらのインスタンスでは、マルチプロセッサーを提供し、NUMAにも対応している。

//アーキテクチャが実際どのように違うのか・・・・それは、オリジナル原稿を参照してください。

さらに、NWにも違いがある。

 

本番環境に使用する時には、スペック的に問題が無いかどうか慎重に検討する必要がある。

 

The Windows Azure XS instance - Plankytronixx - Site Home - MSDN Blogsを抜粋し、紹介した記事です。元記事には、EXのアーキテクチャについて、もう少し突っ込んだ紹介がされていますので興味がある方はどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin