CSS SQL Azure Diagnostics(情報収集)ツールがリリース

SQL Serverのカスタマーサービスサポートチーム(Customer Service and Support:CSS)が、CSS SQL Azure Diagnostics(CSAD)ツールをリリースしました。

SQL Azureで、PSSDiag/SQLDiagを使用できません。CSADは、SQL Azureの問題を解決するために、手っ取り早く情報を収集するためのツールです。
CSADは、以下のような情報を収集しレポート表示します。レポートは、レポートコントロールを使用していますので、様々なフォーマットで出力することができます。

  • データベースサイズ
  • CPU負荷の高いSQLトップ10
  • 実行時間の長いSQLトップ10
  • 論理I/Oが多いSQLトップ10
  • 物理I/Oが多いSQLトップ10

使用手順

CSS SQL Azure Diagnostics(CSAD)が起動すると、↓のような画面が表示されます。

Reporting005

画面の左上部分に、SQL Azureデータベースサーバとデータベース名、ユーザ名、パスワードを入力します。入力後、「Go」ボタンをクリックします。
もちろんSQL AzureのFirewall機能が動作していますので、あらかじめWindows Azure管理ポータルで、アクセス元のIPを接続許可に追加しておきます。

image

情報収集が完了すると次のように画面下部に、収集した情報がレポート表示されます。

Reporting006

レポート説明

データベースサイズなどが画面上部に表示されます。

1526.image_5E56794C

過去に発行したクエリの中でCPU負荷の高いSQLトップ10を表示します。

2781.image_745CE4DE

画面の左上にある矢印をクリックすることで、レポートを切り替えることができます。

image

インストール手順

インストールは、http://csssqlazure.blob.core.windows.net/csssqlazuredeploy/publish.htmからできます。
アクセスすると↓のような画面が表示されますので、「Install」ボタンをクリックします。

Reporting000

使用許諾画面が表示されますので、確認し問題が無ければ「Accept」ボタンをクリックします。

Reporting001

各種ファイルのダウンロードが始まりますので、ただただ眺めます。

Reporting002

インストールの確認ダイアログが表示されますので、「インストール」ボタンをクリックします。

Reporting003

以上で、インストールが完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin