9/12までにWeb、BusinessエディションのAzure SQL Databaseは、Basic、Standard、Premiumに移行しよう。自動移行も予告されています、

2015年9月12日に、V11サーバーと呼称される、Microsoft Azure SQL DatabaseサービスのWeb、Businessエディションの提供が終了すると発表されていました。
今までは、9月12日に、V11サーバーに何が起こるのか明確になっていませんでした。

今朝届いたAzureチームからのアナウンスで明確になりましたね!

自動アップグレードされます

V11(Web、Businessエディション)のAzure SQL Databaseは、
自動的にV12(Basic、Standard、Premiumエディション)に移行されます。

これは自動処理なので、処理が実施される14日前に個別に対象となったユーザーに通知されるようです。

移行は、課金ベースで考えられており、毎月の課金が増えないように設計されています。
その為、データベース容量を元にアップグレード先が決定しています。

image

つまり性能ベースではないので、移行先によっては、自動アップグレードと同時に
深刻な性能問題に遭遇する可能性もあります。

性能やV12サーバーの機能については、ムッシュ金麦先生がde:code 2015で発表しているので、そちらを見ておくとばっちりです!

image

具体的な移行先の確認方法

自動移行先の詳細を確認する方法が提供されています。

  1. 使用量と課金から課金根拠のResource GUIDを確認します。
  2. GUID Migration for SQL Databaseから、1で確認したGUIDを探します。
    見つけたら、新しい移行先を表で確認します。

自動アップグレードの延期(9/12まで)

9月12日に向けて計画してたんだから、勝手にアップグレードするなよ!っと起こりたくなる方もいますよね?

ご安心を。
MSさん、自動アップグレードを9月12日までは猶予する選択肢を提供しています。

メールには、「2015年9月12日まで、このアップグレードを拒否するオプションがあります。」とのこと。 詳細は不明…。

V11でできて、V12でできないこと

最新情報は英語

英語ドキュメントはGithubを使って随時アップデートされているので、
日本語翻訳が間に合っていないので英語を見ましょう。

メール画像

image

ポータル画像

SNAGHTML35d93cdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin