Azure SQL Databaseサーバーの容量制限について

Azure SQL Database modified server quota policyが、発表されました。

各論理サーバーにデフォルトで作成できるデータベースの合計DTUが1600に制限されました。
サービスクラス、サービスレベルごとにDTUが定義されています。
そのDTUが合計で、1600までとなりました。

1つのサーバー(ここでいうサーバーは、xxxx.database.windows.netで表現できる論理サーバー)毎に、Basic(DTU5)だと320個までとなりました。
ちなみに、Web、Businessエディションのデータベースは従来の150個が存続しています。

image

ポータルで使用状況を確認することができます。
上記図の矢印部分で、いくつのDTUを使用しているのかが表示されます。

クリックするとさらに詳細が表示されます。

image

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin