Vagrant 1.6 プレビュー機能:Windows ゲストOS

Vagrant Blog:Feature Preview: Windows Guests

Vagrant 1.6 では、Vagrantに重要な機能が追加されます。
Linux環境と同様に簡単にWindows環境を管理することがVagrantで可能になり、Varantとして公式にサポートします。

勘違いしないでください、Windows上でVagrantを使用することはサポートしています。
Vagrantは一年間Windows上での動作をサポートしてきました。
Vagrant 1.6 では、Vagrant 環境内での(VirtualBox、Hyper-V、EC2上での)Windows動作をサポートします。

Vagrant 1.6 でWindowsゲストのサポートを提供し、Linux環境同様に、Windows環境をサインアップし、ソフトウェアのインストールや設定にPowerShellスクリプト、Chef、Pupetなどを使うことができます。

Linux環境では、Vagrant ssh、Windowsゲストには、Windows環境にリモートデスクトップにコマンド一つでアクセスできるVagrant rdpが提供されます。

VagrantはWindowsへの通信に、SSHまたはWinRMを使用します。
WinRMは、とても便利です。

WinRMのサポートは、新しい1.6からです

Vagrant.configure("2") do |config|
	# ...
	config.vm.communicator = "winrm"
end

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です