Azure FileをLinuxから使用する方法

Linux Kernel CIFSクライアントを使用して、LinuxからAzure File 共有を使用することができます。カーネルクライアントでSMB 2.1を使用できるように設定しないといけません。

ビルド時にカーネル設定で、CONFIG_CIFS_SMB2を有効にします。

# zcat /proc/config.gz | grep CONFIG_CIFS_SMB2

マウント時に、mount.cifsパラメーターでvers=2.1を指定します。

# mount.cifs -o vers=2.1,user=smb //smb.file.core.windows.net/share /share/
  
Password for smb@//smb.file.core.windows.net/share:  ******...
# mount.cifs -o vers=2.1,user=smb //smb.file.core.windows.net/share /share/ Password for smb@//smb.file.core.windows.net/share: ******... # df -h /share/ Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on //smb.file.core.windows.net/share 5.0T 0 5.0T 0% /share/pre>

間もなくリリース予定のSUSE Linux Enterprise Server 12では、この機能に対応していて、openSuseでも利用可能になる予定です。

元ネタ;Using the Azure File Service on Linux

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin