作成したMicrosoft Azure仮想マシンに自動的にIISをインストールする方法

TechED 2014で、Microsoft Azureの機能追加がいくつか発表されました。その中に、仮想マシン作成時にカスタムスクリプトを実行させられる機能が追加されました。

IISの役割をインストールするpowershellスクリプト(.ps1)を用意し、ローカルディスクかAzureストレージに保存します。

install.ps1
Add-WindowsFeature Web-Server –IncludeAllSubFeature

次に、ポータルからスクリプトを使用するように設定します。

VMエージェントのインストールを選択し、「カスタムスクリプト」オプションを選択し、インストールスクリプトを選択します。他に必要な対応として、Firewallのポートを開けたり、websaiteのパスを変更があるので、それらもスクリプト化すると良いかも。

image

参考情報:Auto Install IIS in the Microsoft Azure VM that you are creating

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin