Azure RemoteApp Previewを触ってみたよ!

Microsoft Azure RemoteApp Previewがアクティブになったので、触ってみた。メニューは管理サービスの上、Traffice Managerの下にある。

image

Azure RemoteAppで何ができるのかは、「Welcome to the Azure RemoteApp preview」メールに書いてあった。

  • いろんなデバイスを使ってあらゆる場所から、会社のアプリケーションにユーザーがアクセスできるようになる
  • 巨大な投資をすることなくビジネスの必要性に応じて、素早く対応することができる
  • 信用と信頼のあるAzureのプラットフォームで、会社の情報を集中化させ守れる

プレビュー中は、次のような対応となるらしい。

  • Azure RemoteAppを無償で提供
  • プレビューサービスでは、2つのインスタンスをたて、各インスタンス10ユーザーまで許可する
  • 7日連続で使用されなかったら、キャンセルされる
  • 何かサービス提供に変更を加える場合は2営業日前に通知する
  • プレビュー中に容量を増やしたい場合は、メールでMSに連絡する

とりあえず触ってみる

CREATE A REMOTEAPP SERVICEをクリックする

image

 

作成する手段は、「QUICK CREATE」と「CREATE WITH VPN」の2通り。

image

 

QUICK CREATEで提供されているテンプレートイメージは、今のところ「Microsoft Office 2013 Professionl Plus on Windows Server 2012 R2」1つだけ。

image

 

REGIONも多少少な目。正式サービスインするときには、日本にも来てほしいね!

image

 

とりあえず、QUICK CREATEで作成する。
ちなみに終わらない!!てイラッとしたけど、注意書きがあった(;´・ω・)
30分かかるよ!っと。

image

 

プロビジョニングは結構時間がかかって、自分が試した時で35分ぐらい待った。まぁプレビューだしね!

image

 

とりあえず、ダッシュボードを見てみる。
REMOTE DESKTOP CLIENT URLが書いてあるので、クリックする。
image

RemoteApp clientをインストールしろ!っといわれる。
RemoteAppを知らなさすぎるので、手探り状態。
image

 

image

 

マイクロソフトアカウントでログインする。

image

 

image

 

無事、表示された。

image

 

無事、Azureで動いているWordが起動した!

image

 

当たり前だけど、ローカルで動いているように見えてもAzure上で動いているので、ファイルを開くでファイル選択ダイアログを表示すると、Azureのインスタンスが対象になる。
おとなしくOneDriveを使いなさいってことですね。
image

 

アプリを起動しているときに、SESSIONを確認すると次のように表示される。起動するアプリケーション数はセッション数とは関係ないみたい。アプリ2つ立ち上げても、セッションは一つだけだった。
image

 

REMOTEAPP PROGRAMSを見ると、使用可能なプログラム一覧が表示される。
image

 

USER ACCESSでマイクロソフトアカウントを追加してあげる。
image

 

そしてログインすると表示される。素晴らしい素晴らしい!
image

 

Azure RemoteAppの概要

Windows Apps in the Cloud: Introducing Microsoft Azure RemoteAppを抜粋して紹介。

サポートするクライアント

  • Windows用:Microsoft RemoteAppアプリケーションを提供
  • iOS、Android用:Microsoft Remote Desktopをアップグレードしてサポート
  • Mac、Windows Phone、Windows RTも近々でサポート予定

http://remoteapp.azure.com/からダウンロード可能。

永続ストレージの提供

Azure RemoteAppでは永続領域50GBを提供する。
これのバックエンドはAzureストレージで、安心。

Windows Server 2012 R2

Azure RemoteAppはWindows ServerのRemote Desktop Services上で構築されている。
共通の仮想セッションのもとに提供される共有モデルとなっている。

Office 2013プリインストール

プレビュー中は、Azure RemoteAppにMicrosoft Office 2013 Pro Plusを提供する。

2種類のデプロイメントの選択:クラウドのみか、ハイブリッドか。

Azure RemoteAppでは2種類のデプロイメントモデルを使用できる。

クラウドデプロイメント

Azureのリソースを使うので、OSは絶えず自動アップデートされ、Microsoft Anti-Malwareエンドポイントで防御されている。
Publishボタンを押すと、ほかにも配信したいアプリケーションを選択できる。

image

 

ハイブリッドデプロイメント

クラウドデプロイメントモデルは、標準的なOfficeへのアクセスを提供します。
ハイブリッドデプロイメントモデルだと、もっとカスタマイズできます。アプリケーション、OSなどの設定をコントロールできます。
テンプレートイメージを直接Azure Portalで管理できます。
ドメインに参加した環境でアプリが動いていたら、オンプレミスのNWとデータにアクセスできます。
Azure ADと統合し、ユーザーはログオンするのに自社の認証を使用できます。

クラウドで動作するアプリケーションが、シームレスにオンプレミスで提供されるデータとリソースにアクセスできます。これは、Azure仮想ネットワークのサイト-サイトVPNで構築されます。

カスタムテンプレートは、Windows Server 2012とRD Session Hostロールサービスをベースにしなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin