SQL Server Management Studio 2016年3月版リリース

SQL Server Management Studio 2016年3月版がリリースされました。
今回のバージョンでは、2016年2月リリースまでのすべての更新が含まれています。

機能改善と多くのバグ修正をしています。
AlwaysEncryptedウィザードでの暗号化するエイリアスデータのサポート、キーボードキーを使用したナビゲーションでのインストールができるSSMSウェブインストーラーの改善、その他いくつかのバグ修正が対象となっています。

SQL Server Management Studioは従来、SQL Serverのメジャーバージョンに紐づいてリリースされてきました。
それでは、Azure SQL Databaseへの柔軟な対応がしにくいため、SQL Server製品から切り離されて、ツール単独でのリリースサイクルになりました。
最近では、月1回のペースで、○年○月版という形で、SQL Server Management Studioがリリースされています。

ダウンロード

SSMS March 2016 Preview

今回のプレビューのリリース番号は、13.0.12500.29です。

更新内容

  • SSMSウェブインストーラーが改善され、キーボードキーを使用したナビゲーションができるようになりました。
  • Always Encryptedウィザードが改善し、暗号化にエイリアスデータ型をサポートしました。
  • AlwaysOnで新しい可用性グループウィザードで、自動フェイルオーバー対象の最大数を表示できるようにします。
  • SSMSウェブインストーラーを使用して、インストールに影響が出るエラーのバグを修正しました。
  • バックアップウィザードで、ストライプバックアップをする際に複数のバックアップ名を使用することができるように改善しました。

更新履歴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin