Chrome拡張機能:Toby

Toby は、Chromeのエクステンションです。

エクステンションを追加すると、タブを管理するためのアドオンが追加されます。
右端に開いているタブ一覧が表示され、それを左側にD&Dするとタブが削除されて一覧に保存されます。

開きすぎた未読タブを一括管理するためのエクステンションです。

mackerelを使ってみたメモ

いろいろ触り始めて、いろいろ調べたりして時間を割いたので備忘録としてメモ。

mackerel公式プラグインのインストール(CentOS)

curl -fsSL https://mackerel.io/assets/files/scripts/setup-yum.sh | sh
sudo yum install -y mackerel-agent

インストールして、

/etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf

を修正してリスタート。

/etc/init.d/mackerel-agent restart

NGINXプラグインが悲しい

会社の環境では、Nginxをリバースプロキシとして使用しているので、重要なのはUpstreamの値。

でも、NGINX PLUSじゃないと、NGINXのUpstreamの値が取れない。なので、公式プラグインで取得している値は、コネクション数とアクティブセッションと、Read、Writeだけ。

プロキシとしてしか使っていないので全く優位なデータはNginxプラグインからは取れない。

Windows でmackerel公式プラグインを使用する方法

公式プラグインをWindowsでも使おう!と思ったら意外と大変だったて話。

まず公式インストール方法にWindows向けの案内が無いけど、ようは.goをWindows向けにexeへビルドすればOK。ビルドするには、「MackerelでWindowsイベントログ監視とプロセス監視をする」で紹介されているのがすごく参考になった。

Windowsでgo環境の整備

参照:Getting Started

  1. Windows用バイナリをダウンロードし、解凍する
  2. 環境変数を設定する
    GOROOT:C:\Go
    PATH:C:\Go\bin
    GOPATH:C:\GOPATH

Windowsでgoをビルドする

mackerel-agent-pluginsをビルドするために、先に不足している分を取得しておく。

git clone https://github.com/mackerelio/mackerel-agent-plugins.git
cd mackerel-plugin-fluentd
go build -o mackerel-plugin-fluentd_windows.exe

C:\Program Files (x86)\Mackerel\mackerel-agent\mackerel-agent.confを修正する。

[plugin.metrics.fluentd]
command = “C:\\Program Files (x86)\\Mackerel\\mackerel-agent\\mackerel-plugin-fluentd_windows.exe”

mackerelのログ

Windows のイベントログに出ているのでサービス起動しても起動せず止まっちゃう場合はイベントログを見ると原因がわかる。

(例)

failed to load config: Failed to load the config file: Near line 24 (last key parsed ‘plugin.metrics.fluentd.command’): Invalid escape character ‘P’. Only the following escape characters are allowed: \b, \t, \n, \f, \r, \”, \/, \\, \uXXXX and \UXXXXXXXX.

image

mackerel-plugin-fluentd

勘違いしちゃったのだけど、fluentdそのものの稼働状況を確認するためのプラグイン。てっきり、fluentdの値送信と思ったけど、違って、fluentdのプロセス監視用プラグインだった。

http://localhost:24220/api/plugins.json の結果を取得して送信するためのプラグイン。

image

fluentdからmackerelに送信するために使用するのは、https://mackerel.io/ja/docs/entry/advanced/fluentdを参照。

SQLIO が終焉

SQL Server のストレージ性能テスト(IOPS測定)ツールとして有名だった SQLIO ですが、Microsoftは提供を終了させ、ダウンロードできないようなりました。

今後は、 dskpad を使用して、SQL Server 用のストレージ性能テストをすることをMicrosoftは推奨しているようです。

DebugDiag 2 Update 2 がリリース

DebugDiag 2 Update 2がリリースされました。

  • 高頻度の例外発生しているときに、モニタリング例外が原因でdbghostでCPU使用率が高くなる問題を修正
  • sos.dllで、バグが原因でメモリリークする問題を修正しました
  • セキュリティ自動更新機能が追加されました
  • Nativeメモリのトレースが修正されました
  • .NET 4.6 が対象のときブレイクポイント問題を修正しました
  • 分析時に発生するいくつかの例外を修正しました
  • 新しいレポートフォーマットを追加しました
  • Microsoft.Diagnostics.Runtime.dllを更新
  • .NET 4.6 に対応しました
  • いくつかの新しい分析項目が追加

Fluentd と Windows の関係

Fluentd でのWindows 対応についてコミッターが方針話していたのでメモ。

テスター大募集中

まだまだ使用実績が少ないので、Windows環境で試す人、PJを募集中のようです。

公式サイトでの言及時期について

公式サイトには、v0.14.0preをリリースしたら掲載するようです。

OSSなので、下記スタンスでもいいですね。いくらWindows対応とはいっても、軽く出して使う人が増えれば、だんだん安定するでしょうし。そーするとSIerでも使いやすくなりますね。

余談

ちょっと、masterマージをみて、喜び勇んで正式対応されたと早とちりしてBlog書いて影響与えてしまってたら申し訳ないですね・・・。

でも、使えるの素晴らしい!