サーバーはマシンでは無い

A Server Is Not a Machine - SQL Azure Team Blogを簡単に翻訳したエントリーです。

サーバーはマシンではありません。
SQL Azureポータルで次の画像のように、SQL Azureにはサーバーの概念があります。

しかし、サーバーはオンプレミス環境でインストールされたSQL Serverでのサーバーとは同じではありません。オンプレミスのSQL Serverをインストールしたサーバーは、リソース、ストレージなどとセットになったマシンとほぼ同義です。その為、サーバーに追加できるデータベース数にも制限があります。

SQL AzureでのサーバーはTDSエンドポイントのことです。それぞれのデータベースは、データセンター内の複数のマシンにまたがって構成されるサーバー配下に作成されます。SQL Azureでのサーバーは、データベースの追加に制限が無く、データセンターのリソースをすべて利用することができます。つまり、あなたのSQL Azureサーバーがリソースオーバーすることはありません。

別の観点から考えると、別のデータベースを作成するとにデータセンター内に新しいサーバーを作成する必要がありません。SQL Azureは、自動的にサーバー作成を行います。オンプレミスでのSQL Serverインストールは、ロードバランスや要求の分散などを行うためにサーバー数を考慮しなければなりません。SQL Azureでは、データセンター内で必要に応じてロードバランスや要求の分散を提供します。

 

SQL Azreフロントエンド

 

SQL Azureフロントエンドサーバーは、ポート1433でTDSプロトコルを開けたインターネットに接続されているマシーンです。サービスゲートウェイの役割に加え、アカウントプロビジョニング、課金、モニタリングなどを行います。もっと重要なことは、適切なバックエンドサーバーへのルーティングを行うことです。SQL Azureに接続すると、フロントエンドサーバーは直接、あなたのサーバーを見て、リクエストをフォワードします。

 

無制限のデータベース

 

SQL Azureサーバー配下で使用できるデータベース数には制限がありません。しかし、規定では、SQL Azureアカウントには150データベース(masteデータベースもカウントに含む)に制限されています。制限数の拡大は提供していますので、必要な場合は、Microsoft Online Services Customer Portalから問い合わせしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin