パートナー向け無料のWindows Azureの開発者・アーキテクチャコースのリリース

マイクロソフトパートナー向けに、Windows Azureの開発者・アーキテクチャコースがリリースされています。全部で3種類のコースが提供されており、それぞれ予想受講時間が4時間となっている。リリースされたコースは、オンラインで英語のセッションとなっているが、デモ動画もあり案外なとかなりそうである。

1)Technical Architectural Guidance for Migrating your application to the Windows Azure Platform

  • レベル:300
  • パートナーのITプロ向け
  • アプリケーションのマイグレーションに関するアーキテクチャ紹介
  • Application Assesment toolの使用方法(準備中)
  • アプリケーション共通のアーキテクチャデザイン考(準備中)

「アプリケーションのマイグレーションに関するアーキテクチャ紹介」が公開されており、セッション内訳は以下となっている。

  • Windows Azureの価値と概要
  • 動的環境
  • 待ち時間とタイムアウト
  • トランザクションと帯域
  • 認証と権限
  • ローカルの状態
  • Data Sensitivity
  • Windows Azureで集合開発

2)Assess and plan an application’s migration to Windows Azure

  • レベル:100
  • パートナーセールス向け

これは、セッションというよりは体験版のようです。Windows Azure Migration Assessment Tool (MAT)をClick Onceでインストールして、操作していく形式。最初はとくわからず、戸惑いました。

3)How to develop a practice around Windows Azure

  • レベル:100
  • パートナーセルス向け

セッション概要は以下の通り

  • 今日開始するためのオファーとプログラムを見る
  • エンタープライズ顧客へ提供するWindows Azureの価値を理解する
  • Windows Azureでの開発方法を学ぶ
  • Windows Azure Platformの利点をホワイトペーパーで読む

まとめ

 

とりあえず登録して、触りをさらっと見ただけなので、中身については週末の楽しみにしておきたいと思います。どなたかが日本語化してくれることに、ちょびっと期待しつつ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin