Windows Azure Bootstrapper:ファイルダウンロード、解凍、実行ができるコマンドラインツール

Windows Azure Bootstrapperは、Windows AzureのWebロール、Workerロールで使用するコマンドラインツールです。このツールは、リソース(公開されているリソースやブロブストレージ)をダウンロードし、必要なら解凍し、実行することを簡単にできます。

再起動するたびに、ダウンロード、実行をさせたくない場合、それらの依存関係を記録し、インストーラーの実行を一回だけに制限できます。さらに、いくつか便利な機能があります。

  • 任意のhttp(s)リソースまたはWindows Azureブロブストレージからダウンロードできます
  • ログの記録
  • RoleEnvironment又はapp.configから設定解析します
  • RoleEnvironmentからポート、DIPアドレス、ローカルリソースパスを取得し利用します
  • リソースのZIP解凍
  • プロセスの起動
  • リソースが一度だけインストールすること、又は一度だけダウンロードし解凍することを保証します

サンプル1

bootstrapper.exe -get bootstrap/Installer.zip  -lr $lr(temp) -unzip $lr(temp)\extract -sc  $config(ConnectionString) -run $lr(temp)\extract\installer.msi  -args /qn -block

この例は、ConnectionString設定で定義されているストレージのbootstrapと呼ばれるコンテナーからinstaller.zipをダウンロードします。それをローカルリソースのtempにダウンロードし、extractと呼ばれるフォルダーに解凍した後、installer.msiと呼ばれる.msiファイルを/qnパラメータを通して実行します。

最後に、.msiが終了するまでのインストーラーが動作している間ブロックします。

サンプル2

bootstrapper.exe -get http://download.microsoft.com/download/F/3/1/F31EF055-3C46-4E35-AB7B-3261A303A3B6/AspNetMVC3ToolsUpdateSetup.exe -lr $lr(temp) -run $lr(temp)\AspNetMVC3ToolsUpdateSetup.exe -args /q 

この例は、MicrosoftからMVC3インストーラーをtempローカルリソースにダウンロードし、それを/q引数をつけて実行します。このケースではブロックします。

関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin