Windows Azure Traffic Managerラウンドロビンロードバランス

この投稿は、「Windows Azure Traffic Manager Configuration Guid」に記載されている「Round Robin Load Balancing Method in Windows Azure Traffic Manager」をざっくり意訳した投稿です。

ラウンドロビンは、トラッフィクをホストサービスに振り分けます。トラッフィクを受け取ると、リストに載っているホスト順に、最後に振り分けたホストの次のホストに振り分けます。

image

  1. Traffic Managerドメインは、クライアントからリクエストを受け取ります。
  2. ポリシーにはホストサービスが順番に登録されています。Traffic Managerは最後にリクエストを受け取ったサービスを記録しています。
  3. Traffic Managerはクライアントに、次のホストサービスをDNSエントリとして指定します。上の図では、ホストサービスCになります。
  4. Traffic Managerは、最後のトラフィックがホストサービスCに振り分けたことを更新します。
  5. クライアントマシンはDNSエントリを使用し、ホストサービスCを呼び出します。

補足

  • DNS Time-to-Live(TTL)はローカルDNSがドメイン解決をするのに、DNSキャッシュをエントリを使用する期間を指定します。クライアントは、DNSキャッシュが期限切れするまで、すでに入手したホストサービスを使用し続けます。
  • Traffic Managerは、ポリシーに含まれているホストサービスの状態を監視し、トラッフィクが送信できないときは、ホストサービスがダウンしていると判断します。もし、ポリシー内のすべてのホストサービスがオフラインになっている場合、Traffic Managerは、ポリシー内のホストサービスがオンラインだったと仮定して直近で解決したIPを返します。クライアントマシンは、ホストサービスを呼び出しても応答しません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin