Windows Azure Traffic Manager パフォーマンスロードバランス

この投稿は、「Windows Azure Traffic Manager Configuration Guid」に記載されている「Performance Load Balancing Method in Windows Azure Traffic Manager」をざっくり意訳した投稿です。

パフォーマンスロードバランスは、トラッフィク発生元と、そこと最も近いホストサービスのルートを把握しています。アクセス元のIPと各Windows Azureデータセンター間のラウンドトリップ時間を記録したネットワークのパフォーマンステーブルを使用して、近いデータセンターを決めます。このテーブルは、定期的に更新されるものなので、インターネット上のパフォーマンスをリアルタイムに反映するものではありません。

Windows Azure Traffic Managerでは、パフォーマンスロードバランス(NW時間)でホストサービスを監視するので、パフォーマンスロードバランスはホストサービスの負荷状況は考慮しません。もしホストサービスがダウンしている場合は、DNSクエリには。そのホストサービスは含まれません。

image

  1. パフォーマンスタイムテーブルの定期的作成 Traffic Managerは、世界中の様々な地点とホストサービスを実行しているWindows Azureデータセンターとのラウンドトリップタイムを試験計測し管理しています。
  2. リクエストの受信 Traffic Managerドメインはクライアントマシンからリクエストを受け取ります。
  3. パフォーマンステーブルの確認 Traffic Managerは、リクエストを送信した位置とステップ1で作成したテーブルを使用してポリシーに含まれるホストサービス間のラウンドトリップタイムを確認します。
  4. ベストパフォーマンスのサービス選択 Traffic Managerは、ベストタイムのホストサービス位置を決定します。上の図では、HS-Dです。
  5. DNS名を返す Traffic ManagerクライアントマシンにホストサービスDのDNS名を返します。
  6. サービス呼び出し クライアントマシーンは、DNS名をIPアドレスに解決し、ホストサービスを呼び出します。

補足

  • パフォーマンsテーブルが更新されたとき、ホストサービス上の負荷によって、トラフィックパターンが変わることがあるかもしれません。そのような変更は、わずかです。
  • DNS Time-to-Live(TTL)はローカルDNSがドメイン解決をするのに、DNSキャッシュをエントリを使用する期間を指定します。クライアントは、DNSキャッシュが期限切れするまで、すでに入手したホストサービスを使用し続けます。
  • Traffic Managerは、ポリシーに含まれているホストサービスの状態を監視し、トラッフィクが送信できないときは、ホストサービスがダウンしていると判断します。もし、ポリシー内のすべてのホストサービスがオフラインになっている場合、Traffic Managerは、ポリシー内のホストサービスがオンラインだったと仮定して最も近いホストサービスを返します。クライアントマシンは、ホストサービスを呼び出しても応答しません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin