SDK1.4とWin7SP1へのWindows Azure コマンドレットのインストール問題への対応

Windows Azure Commandlets installation Issues with Windows Azure SDK 1.4 and Windows 7 SP1を意訳した投稿です。

Windows Azure SDK1.4をインストールしたWindows 7 SP1にWindows Azure Commandlets(コマンドレット)をインストールすると次の2つのエラーが発生します。

  1. You will get an error that installer is not Compatible with your OS (Windows 7 SP1).
  2. You will get an error that a depend component Windows Azure SDK 1.3 is missing.

Windows Azureコマンドレットの入手:Windows Azure Service Management CmdLets

Windows 7 SP1に関わるエラーの解決方法

  1. C:\Azure\WASMCmdlets\setupディレクトリを開き、notepadで、Dependencies.depファイルを開きます。
    インストールスクリプトからOSバージョンの記載を探します。すると次のように、Windows 7 SP1のビルド番号7601が記載されていないことを確認できます。

    <dependencies>
    <os type="Vista;Server" buildNumber="6001;6002;6000;6100;6200;7100;7600">

  2. OS Type文字列にWindows 7のビルド番号7601を追加します。

    <dependencies>
    <os type="Vista;Server" buildNumber="6001;6002;6000;6100;6200;7100;7600;7601">

  3. ファイルを保存します。

Windows Azure SDK 1.4に関わるエラーの解決方法

  1. C:\Azure\WASMCmdlets\setup\scripts\dependencies\checkディレクトリを開き、notepadeで、CheckAzureSDK.ps1ファイルを開きます。
    Windows Azure SDKバージョン1.3.11122.0038 を探します。

    $res1 = SearchUninstall -SearchFor 'Windows Azure SDK*' -SearchVersion '1.3.11122.0038' -UninstallKey 'HKLM:SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\';
    $res2 = SearchUninstall -SearchFor 'Windows Azure SDK*' -SearchVersion '1.3.11122.0038' -UninstallKey 'HKLM:SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\';

  2. この文字列を1.4.20227.1419に置き換えます。

    $res1 = SearchUninstall -SearchFor 'Windows Azure SDK*' -SearchVersion '1.4.20227.1419' -UninstallKey 'HKLM:SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\';
    $res2 = SearchUninstall -SearchFor 'Windows Azure SDK*' -SearchVersion '1.4.20227.1419' -UninstallKey 'HKLM:SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\';

  3. ファイルを保存します。

上記2つを対応することで、インストールエラーを解消することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin