Azure SDK 1.3へアップデートするとDiagnostics MonitorからAzure Storageにログが送信されないことがある。

Windows Azure SDK 1.2からWindows Azure SDK 1.3へアップグレードすると、Windows Azure上で動作するアプリケーションで、ログ送信が止まってしまう可能性があります。問題が発生している事例をいくつか発見しています。
しかし、この問題は必ず発生するものではありませんが、もし、この問題に遭遇した場合は、MonAgentHostのイベントログを確認する必要があります。下のようなログが記録されているかもしれません。

[Diagnostics]: Checking for configuration updates 11/30/2010 02:19:09 AM.
[MonAgentHost] Error: MA EVENT: 2010-11-30T07:21:35.149Z
[MonAgentHost] Error: 2
[MonAgentHost] Error: 4492
[MonAgentHost] Error: 8984
[MonAgentHost] Error: NetTransport
[MonAgentHost] Error: 0
[MonAgentHost] Error: x:\rd\rd_fun_stable\services\monitoring\shared\nettransport\src\netutils.cpp
[MonAgentHost] Error: OpenHttpSession
[MonAgentHost] Error: 686
[MonAgentHost] Error: 0
[MonAgentHost] Error: 57
[MonAgentHost] Error: The parameter is incorrect.
[MonAgentHost] Error: WinHttpOpen: Failed to open manually set proxy <null>; 87
[MonAgentHost] Error: MA EVENT: 2010-11-30T07:21:35.249Z
[MonAgentHost] Error: 2
[MonAgentHost] Error: 4492
[MonAgentHost] Error: 8984
[MonAgentHost] Error: NetTransport
[MonAgentHost] Error: 0
[MonAgentHost] Error: x:\rd\rd_fun_stable\services\monitoring\shared\nettransport\src\netutils.cpp
[MonAgentHost] Error: OpenHttpSession
[MonAgentHost] Error: 686
[MonAgentHost] Error: 0
[MonAgentHost] Error: 57
[MonAgentHost] Error: The parameter is incorrect.
[MonAgentHost] Error: WinHttpOpen: Failed to open manually set proxy <null>; 87
[Diagnostics]: Checking for configuration updates 11/30/2010 02:20:11 AM.

このエラーは、Diagnostic Monitor がテーブルストレージにログを送信しようとするたびに、DiagnosticsAgent.exe(Windows SDK 1.2までは、MonAgentHost.exe)が書き込んでいます。

*. ScheduledTransferPeriod()ファンクションで使用するdiagnostics monitorツールからログを送信しようとした時に発生します。

回避策

この問題を解決するには、ServiceDefinition.csdef の<sites></sites>セクションを削除するかコメントアウトします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<ServiceDefinition name="Your_Service_Name" xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceDefinition">

  <WebRole name="MyWebRole" enableNativeCodeExecution="true">

    <!--<Sites>

      <Site name="Web">

        <Bindings>

          <Binding name="Endpoint1" endpointName="Endpoint1" />

        </Bindings>

      </Site>

    </Sites>-->

    <Endpoints>

      <InputEndpoint name="Endpoint1" protocol="http" port="80" />

    </Endpoints>

    <Imports>

      <Import moduleName="Diagnostics" />

    </Imports>

  </WebRole>

</ServiceDefinition>

注意点

注意すべき点は、<sites></sites>セクションをサービス定義ファイルから削除orコメントアウトすると、アプリケーションをHWCで動作させることになります。これは、フルIISロールw3wp.exeの代わりにWaWebHost.exeプロセス上で動作させます。

定義ファイルに、<sites></sites>セクションがあるとフルIISWebロールでアプリケーションが動作します。、<sites></sites>セクションをコメントアウトすると、アプリケーションは、webロールベースのWindows Azure SDK 1.2でアプリケーションを動作させていることになります。

元情報

Handling problem: Diagnostics Monitor is not sending diagnostics logs to Azure Storage after upgrading Windows Azure SDK from 1.2 to 1.3を意訳したエントリーです。誤訳があるかもしれませんので、正確な情報は元記事を参照してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin