Windows Azure VM Role:VMにログインできない場合の対処

CSUPLOADスクリプトが成功し、Azure上にVM Roleサービスが公開されたら、VMにリモート接続します。

VM Rollにリモート接続できない場合は、次のどちらかの可能性があります。

  • タイピングミスなどにより、クレデンシャルが正しく動作していない
  • VM Roll上のアプリケーションが正しく動作していない
    概略手順内で、OSインストール時の以下の手順をオプションと記載しましたが、不具合に遭遇した場合は、試してみると良いようです。(VM Role開発に携わっている中の人情報では、ブートパーティションを正確にWindows Server 2008 R2にしておけば、パーティションは複数あってもOKっと心強いコメントを頂いてますので、どちらかというとブートパーティションの設定を確認した方が良いかと思います。)

    Win2008R2でパーティションを1つにする手順

    VM Roleは、ブートパーティションが正しければ複数パーティションでも問題ない。リカバリパーティションを作成したいときは、インストールするディスク選択画面でコマンド操作をする。

    1. Shift + F10を押す
    2. 次のコマンドを実行する
      diskpart
      select disk 0
      create partition primary
      exit

    参照元

    Windows Azure VM Role: Unable to Login your VM even with correct credentialsを参照し、校正した記事です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    Page optimized by WP Minify WordPress Plugin