Azure MMC、Azure CmdletsをAzure SDK 1.3で使用する方法

先日、Windows Azure SDK 1.3がリリースされ、一部のツールに影響が出ているようです。現時点では、Windows Azure MMCWindows Azure Service Management Cmdletsが使用できなくなっています。

使用できなくなっている原因は、ストレージクライアントのVer.1.0用に、MMCスナップインが作成されているのですが、SDK 1.3ではストレージクライアントはVer.1.1になっているからです。ツールが正式対応するまでの間、一時的な回避方法が2つあります。

  1. 旧バージョンのSDK1.2のストレージクライアントをMMCのリリースディレクトリにコピーをする。
  2. MMC、Powershellで、アセンブリのリダイレクトを許可し、1.1クライアントが呼び出されたら、代わりに1.0を読み込むようにする。

アセンブリリダイレクトを使用するには、mmc.exe.configまたはPowershell.exe.configをsystem32フォルダーに作成します。下の内容をファイルに書き込みます。

<configuration>
   <runtime>
      <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">
       <dependentAssembly>
         <assemblyIdentity name="Microsoft.WindowsAzure.StorageClient"
                           publicKeyToken="31bf3856ad364e35"
                           culture="neutral" />
         <bindingRedirect oldVersion="1.0.0.0"
                          newVersion="1.1.0.0"/>
       </dependentAssembly>
       <dependentAssembly>
         <assemblyIdentity name="Microsoft.WindowsAzure.StorageClient"
                           publicKeyToken="31bf3856ad364e35"
                           culture="neutral" />
          <publisherPolicy apply="no" />
       </dependentAssembly>
       </assemblyBinding>
   </runtime>
</configuration>

参照情報

Extemporaneous MumblingsのBlogで投稿されていた内容を意訳した投稿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. あさみ より:

    翻訳ありがとうございます。
    元ねたのコメントにもかかれてますが、 に閉じる"/"が必要です。
    とは言え、おかげさまで助かりました。

  2. あさみ くにてる より:

    前のコメントでエレメントが落ちちゃってどこに閉じる"/"が必要なのかわからなくなっちゃってますが、publisherPolicyエレメントです。
    本文なおしてコメント消していただいて構いません。

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin