Azure エミュレーターがエラー0x800700b7が発生する場合の対応方法

Visual Studioを使用して、いくつかのAzureプロジェクトを使用していると、Azure エミュレーターがクラッシュしてしまうことがあります。

System.Runtime.InteropServices.COMException (0x800700B7): Cannot create a file when that file already exists. (Exception from HRESULT: 0x800700B7)

「すでにファイルが存在しているため、ファイルを作成できません」とエラーが表示されます。

Error

対処方法

  1. ファイル名を指定して実行で、「wmimgmt.msc」と入力します。

    image

  2. 「WMIコントロール(ローカル)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。

    image

  3. 一般タブで、WMIで問題があれば、ボックス内に表示されます。

    image

  4. 下の画像のケースでは、WMIクラスで問題が発生しています。

    Win32_Processor
    Win32_WMISetting

    wmierror

  5. MOFファイルを修復するために、mofcomp.exe <MOFFilename.MOF>を実行します。C:\Windows\System32\wbem フォルダーにmofcomp.exeが配置されています。
  6. regsvr32 <MOFFilename.dll>でDLLを再登録します。

    fixIssue

  7. 再度、プロパティを確認して問題が発生していないか確認します。
  8. 再度エミュレーターを起動してみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin