Windows Azure Companion for PHP:一般的なエラー対処

Windows Azure Companion for PHP: Common Errorsを簡単に紹介する投稿です。

Windows Azure Companion for PHPは、Windows Azure上にPHPベースのアプリケーションを数クリックで配置できる便利なソリューションです。Windows Azure Companion for PHPを使用していると遭遇する可能性があるエラーと原因について説明します。

エラー1 Service does not show any content

 

原因:PHPがまだ構成されていません

解決方法:PHPを動作させる前に、PHP Runtimeを構成する必要があります。PHP Runtimeをまずインストールしてください。

 

エラー2 HTTP Error 404.0 - Not found

 

原因:何らかの理由でファイルが提供されなかった為、VHDをマウントできなかったから

解決方法:
1. 設定しようとしているAzure Storageを確認してください。ほかのPHPソリューションで、他のVHDファイルをマウントしていると使用できません。マウントされていると使用できません。

2. もし他にVHDを使用していないことが確認でき、まだ同じエラーが表示される場合、想定していた時間よりもVHDをマウントするのに時間がかかることが時々あり、それが原因でエラーとなります。
//根気よく待つ?一度諦めて、ばっさり消して、やり直す?

 

エラー3 Installation Failed Error: Could not find a part of the path 'B:\php'

 

原因:エラー2と同様の原因が考えられます。

解決方法:サービスURLがactiveになっていることを確認します。

.cloudapp.net">.cloudapp.net">http://<your_php_service>.cloudapp.netにアクセスします。

アクセスできる場合は、エラー2と同じ解決方法を参照してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin