既存のSilverlightアプリケーションをWindows Azureにデプロイする方法

Deploying Existing Silverlight Application (Deep Zoom) on Windows Azure」で、Deppzoom Composerで作成したSilverlightアプリケーションのDeep ZoomをWindows Azureにデプロイする方法が紹介されています。

Deepzoom Composer

Deepzoom Composerは、「Microsoft Wave - Deepzoom Composer」で公開されており、SilverlightのDeepzoomを手軽に作成することができる。マウスで、画像を追加し、画面上に配置しリンクなどを設定するだけでDeepzoomを作成できる。

20101005012617

紹介記事では、Deepzoom ComposerからエクスポートしたDeepzoomをWindows Azureにデプロイしている。

Windows Azureへのデプロイ準備

既存のSilverlightアプリケーション(Deepzoom)をWindows AzureのWeb Roleへデプロイする。

  1. Visual StudioでWeb Roleを追加する。
  2. Deepzoomのディレクトリをプロジェクトに追加する。
  3. web.configを修正し、規定のドキュメントにtest.htmlを設定する。以下のコードを<system.Webserver>配下に追加する。

    <defaultDocument>
    <files>
    <add value=”Test.html”/>
    </files>
    </defaultDocument>

以上でWindows AzureへのSilverlightアプリケーションのデプロイ準備が完了する。後は、デプロイして完了。具体的な手順は、「Deploying Existing Silverlight Application (Deep Zoom) on Windows Azure - Mingfei's Code Block」にてスクリーンショット付きで紹介されている。

実際にWindows Azure上にデプロイされたデモアプリが、Silverlight Project Test Pageで公開されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin