Azure WebサイトにWebtestを追加する(死活監視かな?)

image
Azure Fridayで、「Adding Web Tests to an Azure Web Site」が公開されていたので紹介する。

Web Testsは、世界各地にあるAzure Dcから、指定したURLにアクセスをして、正常にアクセスできるかどうかをテストするための仕組み。

Web Testsを追加するには、Webサイトの詳細画面にある「Webtests」をクリックする。

image

 

そーすると、すでにWebTestsを設定済みな実行結果が表示される。

image

 

時間帯ごとの実行結果が表示される。レスポンスタイムも表示され、それをクリックするとさらに詳細と、エラーある場合はエラー内容が表示される。

image

 

新規にWebTestsを追加する。WebTests名とチェックするURLとテスト元のDCを指定する。

image

 

DCは、こんな一覧から選択する。

image

 

テストでOKとする、HTTPステータスと、レスポンスに含まれていないといけない文字列があれば、それを指定する。下の画面だと「Developer」ですね。

image

 

テストがこけたら通知する宛先とテストレベルを指定する。
テストレベルは、「Sensitivity settings: 1= Low alerts you when all locations fail within 15 minutes. 2 = Medium alerts when half of locations fail in 10 minutes. 3 = High alerts any time a test fails.」とのこと。

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin